Rakuten infoseek

辞書

夕霧阿波鳴渡【ゆうぎりあわのなると】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

夕霧阿波鳴渡
ゆうぎりあわのなると
廓文章」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうぎりあわのなると〔ゆふぎりあはのなると〕【夕霧阿波鳴渡】
浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。正徳2年(1712)大坂竹本座初演。遊女夕霧藤屋伊左衛門との情話を脚色したもので、「吉田屋」の段は有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ゆうぎりあわのなると【夕霧阿波鳴渡】
人形浄瑠璃。世話物。近松門左衛門作。1712年初演。大坂新町の遊女夕霧と藤屋伊左衛門との恋愛を描いたもの。夕霧の三十五回忌追善に書かれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうぎりあわのなると ゆふぎりあはのなると【夕霧阿波鳴渡】
浄瑠璃。世話物。三段。近松門左衛門作。正徳二年(一七一二)頃大坂竹本座初演。新町扇屋の遊女夕霧と藤屋伊左衛門との間にできた子を養う阿波の侍平岡左近の妻雪は、夕霧を身請けし乳母として迎えようとする。伊左衛門が駕籠舁に扮して、密かに親子の対面をするのを見た左近は、親子三人を追い払う。傷心で危篤の夕霧は伊左衛門の母に身請けされる。通称「夕霧伊左衛門」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夕霧阿波鳴渡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夕霧阿波鳴渡の関連情報

他サービスで検索

「夕霧阿波鳴渡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.