Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

夕陽【セキヨウ】

デジタル大辞泉

せき‐よう〔‐ヤウ〕【夕陽】
夕日。入り日。斜陽。
「梅雨には珍しい―が」〈漱石それから
夕暮れ。夕方。
「草原は―深し帽ぬげば髪にも青きいなご飛びきたる」〈牧水・死か芸術か〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せき‐よう ‥ヤウ【夕陽】
〘名〙
① ゆうひ。いりひ。夕日。斜陽。
※文華秀麗集(818)下・得澗底松〈嵯峨天皇〉「高声寂寂寒炎節、古色蒼蒼暗夕陽
※高野本平家(13C前)灌頂「夕陽(セキヤウ)西にかたふけば、御名残をしうはおぼしけれども」 〔李商隠‐楽遊原詩〕
② ゆうぐれ。夕方。
※本朝無題詩(1162‐64頃)六・夏日遊陶化坊別業〈中原広俊〉「勝地優遊及夕陽、山河景気先秋涼」
※太平記(14C後)八「終日(ひねもす)戦てすでに夕陽(セキヤウ)に及びける時」
③ 老年・老境のたとえ。〔白居易‐秦中吟・不致仕〕
④ 山の西側。また、西。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔詩経‐大雅・公劉〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夕陽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夕陽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.