Rakuten infoseek

辞書

夕張メロン【ゆうばりめろん】

事典 日本の地域ブランド・名産品

夕張メロン[果樹類]
ゆうばりめろん
北海道地方、北海道の地域ブランド。
夕張市で生産されている。夕張メロンの本名は夕張キングという。夕張で初めてメロンが栽培されたのは、1923(大正12)年〜1924(大正13)年頃だったが、贅沢品であるメロンは、戦時中の食糧事情から一度その姿を消した。その後、数々の試験栽培を繰り返し、品種の研究がなされ、1960(昭和35)年に現在の夕張キングがつくられた。火山地の畑であること、標高の高い山間地で昼夜の温度差が大きいことが、メロンの糖度を高める大きな要因である。鮮やかなオレンジ色の果肉で、カロチンをたっぷり含む健康食品でもある。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夕張メロン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夕張メロンの関連情報

他サービスで検索

「夕張メロン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.