Rakuten infoseek

辞書

夏虫のひむし【なつむしのひむし】

精選版 日本国語大辞典

なつむし【夏虫】 の ひむし
① (「ひむし」は蚕(かいこ)で、夏蚕(なつご)である蚕の意) 夏の蚕。夏蚕。
※書紀(720)仁徳二二年正月・歌謡「那菟務始能(ナツムシノ) 譬務始(ヒムシ)の衣 二重着て 隠(かく)み宿(やだ)りは 豈(あに)良くもあらず」
② (「ひむし」は火虫で、①の「ひむし」を火虫と解したことによる) =なつむし(夏虫)
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「みづから来つるは夏虫(ナツムシ)の、火虫(ヒムシ)が燈(ともし)によるに似たり」
[補注]「ひむし」の「ひ」は「日本書紀」に「ひ」の甲類音を示す「譬」が用いられているので、乙類音の「火(ひ)」とは別音。従って「ひむし」を「火虫」と解することはできない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夏虫のひむし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

夏虫のひむしの関連情報

他サービスで検索

「夏虫のひむし」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.