Rakuten infoseek

辞書

変体仮名【ヘンタイガナ】

デジタル大辞泉

へんたい‐がな【変体仮名】
平仮名の一。現在普通に用いられている平仮名とは異なる字体の仮名。特に、明治33年(1900)、小学校令施行規則で採り上げられた平仮名以外の異体の仮名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へんたいがな【変体仮名】
仮名の字体はさまざまなものが用いられてきたが,1900年小学校令施行規則の第1号表によって平仮名,片仮名それぞれが現行の字体に定められた。変体仮名とは,主として平仮名の〈いろは〉47種と〈ん〉について,この表で示された通用の字体とは異なった形のものをいう。変体仮名には,(1)平仮名と同一字源でそれほど草略化が徹底していないもの――(い),(か),(の)など,(2)草略化の方法のちがうもの――(お),(な),(も)など,(3)字源のちがうもの――(か),(こ),(た),(は)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へんたいがな【変体仮名】
現行の通常の平仮名とは異なる字体の仮名。1900年(明治33)の「小学校令施行規則」で統一された平仮名の字体以外の仮名。漢字の草体の簡略化が進んでいないものや、現行の仮名のもとになった漢字とは異なる漢字の草体から生まれた仮名。「〓(い)」「〓(か)」「〓(こ)」「〓(た)」の類。現在でも女性の手紙、商店の看板などに用いられることがある。 → 平仮名異体仮名

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

変体仮名
へんたいがな
平仮名の字体のうち、現在普通には用いられないもの。9世紀以後成立、発達を遂げた平仮名には、その母胎となった万葉仮名に種々のものがあった。たとえば、アの音を表すものにも「あ」(安から)のほかに(阿)、(悪)などがあって併用されたが、1900年(明治33)の小学校令施行規則により学校教育での統一が行われ、標準の字体以外はしだいに使用されないようになり、現在に至っている。[月本雅幸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へんたい‐がな【変体仮名】
〘名〙 現在、普通にひろく使用されるものと異なった字体のひらがな。特に明治三三年(一九〇〇)小学校令施行規則で採用されたひらがなと比べて、字源またはくずし方を異にするかな。→異体仮名
※読方入門(1884)〈文部省〉「正体仮字の下に附せる変体仮字は、最初に於て之を教ふるを要せず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変体仮名」の用語解説はコトバンクが提供しています。

変体仮名の関連情報

他サービスで検索

「変体仮名」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.