Rakuten infoseek

辞書

売(り)先【ウリサキ】

デジタル大辞泉

うり‐さき【売(り)先】
品物を売った相手。また、売ろうとする相手。売り口。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うり‐さき【売先】
〘名〙 品物を売りこむ相手。売り口。さばけくち。得意先。
※落語・かつぎや五兵衛(1889)〈禽語楼小さん〉「売ってさへ歩行(ある)けば汝(てめへ)の身体に附いた因果は皆その宝船に附いて売先へ往っちまふからって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うれ‐さき【売先】
〘名〙 売れてゆく先。売れ口
※われら戦友たち(1973)〈柴田翔〉四「公子の任務としては、個人販売の切符の売れ先を追及することが割り当てられてから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

売(り)先」の用語解説はコトバンクが提供しています。

売(り)先の関連情報

他サービスで検索

「売(り)先」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.