Rakuten infoseek

辞書

声明【しょうみょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

声明
しょうみょう
仏教の法会 (ほうえ) 儀式僧侶が唱える声楽。「声明」の語は,もとはインドのバラモンの学修すべき「五明」の一つで,音韻学の意味であったが,それが日本に入って現在の意味に変化した。音楽としての声明も,インドに起源があると考えられるが,それが実際にどのようなものであったのか知ることができない。また,中国には,魏の曹植が山東省の奥山で天来の妙音を得たという有名な伝説があるが,やはりその伝統は今日に伝わらない。現在大陸において声明の伝統を保持し続けているのは,チベットのラマ教である。ラマ教の侶が唱える声明は,きわめて低い音域のもので,一般に低音が少いといわれるアジア音楽にあって特異な存在である。しかしラマ教の声明には,日本の声明と非常に似通った音楽構造も指摘することができる。日本の声明は,仏教とともに中国から伝承したものであるが,仏教そのものと同様に,日本で独自の発達をとげ,これと伴奏に旋律楽器をほとんど用いないことによって,きわめて日本的な声楽に変質した。仏教に宗派ができたのに伴い,声明も各宗派ごとの固有の様式が生じ,同じ宗派のなかでもいくつかの流派に分立するようになった。現在では,天台声明真言声明の2つが日本の声明の中心を形成するが,両声明ともいくつかの流派に分れ,特に真言声明における「南山進流声明」と「新義声明」とは,音楽構造上きわだった対照をみせている。天台,真言両声明のほかには奈良の南都六宗の諸寺院に伝わる声明があり,これを南都声明とか奈良声明などと称する。また,浄土宗系統では,天台声明を受継いだほかに数々の新様式の曲をもち,その教理と同様に,古くから一般信者が身近に接してきた。日蓮宗や禅宗各派にも,それぞれの声明の伝統があり,本格的な儀式には欠かせないものとなっている。これらの声明には,仏や先徳をたたえるもの,その業績を述べるもの,その名を連呼するもの,法会の趣旨を述べるもの,経典に旋律をつけたものなどがあり,詞章は梵語漢語,日本語のものがある。多くは無伴奏単旋律音楽で,独唱または独唱と斉唱から成る。伴奏楽器としては,旋律を奏さない打楽器が多く用いられるが,雅楽器によって伴奏される場合もある。声明,特に日本で新作された日本語の声明が,平曲,謡曲浄瑠璃民謡など,その後に起った日本音楽に与えた影響も少くない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

声明
仏教の儀式や法要で僧侶が唱える声楽。インドで生まれ、6世紀の仏教伝来とともに日本にもたらされ、752年の東大寺大仏開眼供養でも唱えられた記録が残る。奈良仏教、天台、真言の声明に大別される。天台声明は平安時代に慈覚大師円仁(えんにん)が中国から持ち帰り、京都・大原で大成された。
(2015-05-22 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

しょう‐みょう〔シヤウミヤウ〕【声明】
《〈〉śabda-vidyāの訳》
古代インドの五明(ごみょう)の一。文字・音韻・語法などを研究する学問
仏教の経文唱する声楽の総称。インドに起こり、中国を経て日本に伝来した。法要儀式に応じて種々の別を生じ、また宗派によってその歌唱法が相違するが、天台声明と真言声明とがその母体となっている。声明の曲平曲謡曲浄瑠璃浪花節(なにわぶし)民謡などに大きな影響を与えた。梵唄(ぼんばい)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐めい【声明】
[名](スル)一定の事項についての意見や意思を世間に対して発表すること。また、その意見。「条約締結に反対の意思を声明する」「共同声明

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうみょう【声明】

概説
 日本の仏教儀礼で用いられる声楽曲の総称。インドにおける原始仏教教団の成立に伴ってその原型が起こり,仏教の東進に従い中国を経て日本にもたらされた。単旋律による無伴奏の声楽曲で,その理論や旋律様式,声楽的技法後世のさまざまな声楽分野の形成に多大な影響を与え,日本音楽の源流ともいわれる。声明は本来,古代インドの5種類の学問領域〈五明(ごみよう)〉の一つで,文法学や言語学,訓詁学に関する学問を意味するサンスクリットśabda‐vidyāの漢訳にその語源をたどる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せいめい【声明】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうみょう【声明】
インドの五明ごみようの一。音韻・文法・訓詁くんこを研究する学問。
日本で、法会ほうえの際、僧によって唱えられる声楽。サンスクリット語音写や漢文のほか、和讃など日本語のものもある。平安時代に発達し、以後各宗派で作られ、音楽や語りに大きな影響を与えた。梵唄ぼんばい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいめい【声明】
スル
自分の意思を多数の人に向かってはっきり知らせること。特に、政治上・外交上の意思を述べること。 共同- 内外に独立を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

声明
しょうみょう
サンスクリット語シャブダ・ビディヤーabda-vidyの訳語。〔1〕古代インドの学術区分としての五明(声明・工巧明(くぎょうみょう)・医方明(いほうみょう)・因明(いんみょう)・内明(ないみょう))の一つ。文法・音韻に関する学問のこと。〔2〕仏教儀式で経文を諷誦(ふじゅ)すること。中国では梵唄(ぼんばい)、讃(さん)、祭文(さいもん)などとも別称。日本では仏教声楽の全体を声明と総称する。[小川 宏]

インド

古代インドでは、聖典ベーダに曲節を付して詠じたことから、バラモン教の音楽が発達したといわれる。仏教でも、当時の諸宗教で行われた定期的な唄誦説法の集会を仏陀(ぶっだ)が聴許した例(『薩婆多毘尼勒伽(さつばたびにろくぎゃ)』6)や、伎楽(ぎがく)による仏僧供養(くよう)を仏陀が勧めた例(『百縁(ひゃくえん)経』3)がある。また『賢愚(けんぐ)経』11には、美声で国王の軍勢が停止した唄比丘(うたびく)の話がみられる。『長阿含(じょうあごん)経』5では五種清浄(しょうじょう)あるものを梵音というと説かれ、『十誦律(じゅうじゅりつ)』37では声唄には五種利益ありと説かれている。ただしバラモン教の曲調は禁じられた(『根本薩婆多部律摂(こんぽんさつばたぶりつしょう)』9)。後代、大乗仏教の馬鳴(めみょう)が仏陀の一代記を詠んだサンスクリット詩『ブッダチャリタ(仏所行讃(ぶっしょぎょうさん))』などは讃歌の傑作として著名である。[小川 宏]

中国

三国時代に来朝した康僧会(こうそうえ)が声明の名手と称せられた。『法苑珠林(ほうおんじゅりん)』36によると、魏(ぎ)の曹植(そうしょく)が山東省魚山(ぎょさん)で梵音を感得して梵唄を創作したと伝え、それが「魚山声明」と称する声明の起源とされる。唐代以前には帛法橋(はくほうきょう)、康法平(こうほうへい)が有名で、それ以降には僧弁(そうべん)らがいる。また密教音楽をインド僧善無畏(ぜんむい)が伝えた。しかし845年(会昌5)の仏教弾圧で衰滅した。[小川 宏]

日本

日本には、552年(欽明天皇13)の仏教伝来とともに声明も伝えられたとみられる。『続日本紀(しょくにほんぎ)』8によると、720年(養老4)唐僧道栄(どうえい)の曲節に基づき「転経唱礼」を統一させる詔(みことのり)が出されている。また『東大寺要録』12によれば、752年(天平勝宝4)に東大寺大仏開眼法会(かいげんほうえ)において種々の音楽が演奏され、そのとき声明も行われた。その導師を勤めたインド僧菩提遷那(ぼだいせんな)や林邑(りんゆう)国(インドシナ半島にあった国)の僧仏哲(ぶってつ)は、ともに声明の達人であったという。このときの奈良仏教における声明の一部は、東大寺二月堂修二会(しゅにえ)(御水取(おみずとり))の声明にいまも伝わる。しかし、現行の声明は、ほぼ天台(てんだい)声明と真言(しんごん)声明の流れである。
 天台声明は、平安時代の847年(承知14)唐から帰国した慈覚(じかく)大師円仁(えんにん)が中国五台山の声明を伝えたのに始まる。これが比叡山(ひえいざん)を中心に広まり5流に分派したが、良源(りょうげん)が中興し、「論義」という形式を創始した。さらに源信は日本語による声明「和讃(わさん)」をつくった。また、円仁から9代目の良忍(りょうにん)は5流を統一し、中国に倣って京都大原に、日本の魚山といわれる声明道場「来迎院(らいごういん)」をおこし、天台声明の大成者となった。その門下に頼澄(らいちょう)と家寛(けかん)がおり、それぞれ流派をおこして2流をなし、現在に及ぶ。天台声明は禅宗、浄土宗、日蓮(にちれん)宗などの声明に影響を与えた。一方、真言声明は、806年(大同1)唐より帰朝した弘法(こうぼう)大師空海(くうかい)が伝え、真雅(しんが)、源仁(げんにん)、益信(やくしん)、寛空(かんくう)を経て、寛朝(かんちょう)が大成した。その後は分派したが久安(きゅうあん)年間(1145~1151)、仁和(にんな)寺の覚性(かくしょう)法親王が評定会(ひょうじょうえ)を開き、本相応(ほんそうおう)院流、新相応院流、醍醐(だいご)流、進(しん)流の4流が公認された。このうち、進流は貞永(じょうえい)年間(1232~1233)に勝心(しょうしん)の要請で高野山(こうやさん)に移され、南山(なんざん)進流となった。正応(しょうおう)年間(1288~1293)、紀伊(和歌山県)根来(ねごろ)の頼瑜(らいゆ)は南山進流と醍醐流をあわせて新義声明をつくったが、これはのちに智山(ちさん)派と豊山(ぶざん)派に分かれた。現在この2派と南山進流が真言声明として伝わる。
 鎌倉時代に、教義的には天台宗の流れをくむ浄土宗、浄土真宗、日蓮宗などの新仏教がおこり、仏教儀式や声明もそれに多くの影響を受けながらそれぞれ独自の展開をしていった。宋(そう)代の禅宗よりおこった臨済(りんざい)宗と曹洞(そうとう)宗は天台・真言両声明の影響を受けつつ、中国的な性格をもつ儀式や声明を展開させた。今日これらの宗派の声明も格別な位置を占めている。[小川 宏]
声明の種類
声明曲はその詞章の形式から、(1)サンスクリット語(梵語(ぼんご))で書かれた梵文(ぼんぶん)系、(2)漢語で書かれた漢文(かんぶん)系、(3)日本語で書かれた和文系、の三つに大別できる。梵文系の曲には『四智梵語讃(しちぼんごさん)』『吉慶(きっきょう)梵語讃』『不動讃』などがあり、漢文系には唄(ばい)、散華(さんげ)、梵音(ぼんのん)、錫丈(しゃくじょう)など、そして和文系には讃嘆(さんだん)、教化(きょうけ)、講式(こうしき)、和讃、論議などがあげられる。[坂 公道]
音楽的性格
声明は、発達した音楽理論をもち、天台声明と真言声明にそれが顕著である。しかし、実際の演唱と理論には食い違った部分もある。また、両宗派の音楽理論は、鎌倉仏教の各宗派にも少なからず影響を及ぼしている。
 声明は単旋律音楽であり、その旋律構造は大小の単位の旋律型の連鎖によってできている。このような旋律型の組合せといった現象は、日本の伝統音楽全般に共通している。これらの旋律型には、それぞれに名称がつけられている。講式の旋律型である三重(さんじゅう)の名称は、浄土真宗大谷(おおたに)派の念仏・和讃や、平曲(へいきょく)、浄瑠璃(じょうるり)などにもみられる。拍子は、拍節的リズムと非拍節的リズムの2種類がある。天台宗では前者を定曲(ていきょく)、後者を序曲といい、この中間的のものを倶曲(ぐきょく)(破曲(はきょく))と名づけている。
 声明の楽譜は博士(はかせ)(墨譜(ぼくふ)、節譜(せっぷ)などともよぶ)といい、文字の右または左に記された記号で表される。博士は宗派や時代によりその形態・名称が異なるが、音高を表す五音(ごいん)博士と、旋律の動きを表す目安(めやす)博士に大別できる。近年では五線譜を用いたものもある。また、早歌(そうが)、謡曲の胡麻点譜(ごまてんふ)は、博士の影響が大きい。
 このように声明は、その旋律型、記譜法などの多くの点で、後世の声楽に影響を与えた。つまり、広い意味において日本伝統音楽の源流といえる。[坂 公道]
『東洋音楽学会編『東洋音楽選書6 仏教音楽』(1972・音楽之友社) ▽金田一春彦著『四座講式の研究』(1964・三省堂) ▽岩田宗一著『声明関係資料年表』(1974・平楽寺書店) ▽横道萬里雄・片岡義道他編『声明大系』(レコード・1983・法蔵館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐みょう シャウミャウ【声明】
〘名〙 (śabda-vidyā 摂拖苾駄の訳語) 仏語。
① 古代インドの五明(ごみょう)の一つ。文字・音韻・語法などを研究する学問。〔南海寄帰伝‐四〕
② 転じて、偈頌(げじゅ)などを歌詠・諷誦(ふじゅ)すること。法要儀式に応じて種々の曲が生まれ、また、宗派によってその誦法に種々の別を生じ、真言声明・天台声明・浄土声明などがある。梵唄(ぼんばい)
※雑談集(1305)五「声明(シャウミャウ)なども、強ちに声明師とも人にしられず」
※徒然草(1331頃)二二七「太秦(うずまさ)善観房といふ僧、節博士(ふしはかせ)を定めて、声明になせり。『一念の念仏』の最初なり」
[語誌](②について) 当初、「梵唄(ぼんばい)」「梵讚」などと言われたが、平安時代には、「声明」と呼ばれるようになる。これは仏教音楽の旋律の基本が詞章のアクセントにあるため、音韻学の学問である①と深く関わっていた証しとも言えよう。ただし、現在も黄檗宗などでは「梵唄」の語を用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐めい【声明】
〘名〙
① 一定の事項についての見解や意見などを不特定多数の人に発表すること。また、その意見。〔英和外交商業字彙(1900)〕
※上海(1928‐31)〈横光利一〉七「イギリス政府の護謨制限撤廃の声明が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

声明
しょうみょう
仏教の儀式などに用いる古典の声楽
経文に高低・抑揚や節をつけたもので,歌詞を梵語のままで歌う「梵讃」,漢語に翻訳した「漢讃」,日本語の「和讃」や講式・論義などがある。平安初期から天台声明と真言声明とがあり,のち浄土声明も発達。平家琵琶や謡曲の源流となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

声明」の用語解説はコトバンクが提供しています。

声明の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.