Rakuten infoseek

辞書

声帯結節【せいたいけっせつ】

世界大百科事典 第2版

せいたいけっせつ【声帯結節 vocal cord nodule】
発声時に振動の最も大きい声帯の前1/3の部位に,多くの場合両側性に生ずる小さい結節様の隆起を一般に声帯結節という。別名謡人結節あるいは歌手結節などといわれるように,声を過度に使う職業の者によくみられる。表面の色調は周囲の正常粘膜のものとほとんど変わらないことが多く,通常は声帯ポリープとは肉眼所見からも区別される。また,幼児あるいは学童で声を乱用する場合にもみられ,これらは学童嗄声(させい)あるいは小児結節と総称されることがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

声帯結節
せいたいけっせつ
慢性喉頭(こうとう)炎の一つで、声帯の前3分の1と残りの3分の2との境界部分が肥厚し、結節状に隆起する。両側の声帯にほぼ対称性にできることが多い。声を過度に使用する職業の人、とくに歌手にできやすいことから歌手結節とか謡人(ようじん)結節ということがある。そのほか、教師、アナウンサー、牧師、僧侶(そうりょ)などにも多くみられる。小児も大きな声を出して遊ぶのでできやすく、小児結節ともいう。原因でもっとも重大な因子は、声の過度な使用や間違った使い方、すなわち無理な発声をしたり、力を入れすぎたりすることである。過度の咳(せき)や咳払い、過度の飲酒や喫煙も誘因になる。おもな症状は嗄声(させい)(かれ声)である。初期には、ある高さの発声や過度に発声したときのみに声がかれるとか、長時間声を出していられない、のどが渇いていがいがした異物感があるなどの訴えが多い。かれ声はしだいにひどくなり、咳や咳払いを伴うようになる。
 治療でもっとも重要なことは、声帯の安静である。歌手の場合は絶対的な沈黙を続けるため、入院して会話を避けることも行われる。初期の場合は声帯の安静と消炎剤の喉頭噴霧療法で治癒する。これで改善されない場合は、顕微鏡下の手術的切除を行う。再発を予防するためにも、声の過度な使用や間違った使い方を避け、発声方法を正す必要がある。[河村正三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

声帯結節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

声帯結節の関連情報

他サービスで検索

「声帯結節」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.