Rakuten infoseek

辞書

声域【セイイキ】

デジタル大辞泉

せい‐いき〔‐ヰキ〕【声域】
可能な声の高低範囲。その区域により、女声ソプラノ・メゾソプラノ・アルト男声テノールバリトンバスに分けられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいいき【声域】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいいき【声域】
発声できる高低の範囲。 広い-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

声域
せいいき
人が声として出しうる最高音と最低音との範囲を「生理学的声域」というのに対し、人が歌唱に使用することのできる声の高低の範囲を「音楽的声域」という。ただし、一般的には声域とだけいって、後者を意味する場合が多い。この音楽的声域は、おおむねE2からF6までの約4オクターブにわたっているが、そのうち一個人の声域は、およそ2オクターブの範囲に限られている。音楽的声域を大きく四声作法に分けると、女声のソプラノとアルト、男声のテノールとバスになる。さらに声楽の分野では、これらの類型に加え、ソプラノとアルトの中間にメゾ・ソプラノを、テノールとバスの中間にバリトンを交えて六つの分割がなされる。これらの各音域は、に示すとおりである。ただ、この譜表はあくまでも平均的なものであるため、最高音はB5音となっているが、コロラトゥーラとよばれるソプラノのもっとも高いものには、F6を必要とするような声域もある。なお、このような音域による分類を基にし、声の音色の特性や声区の変換域などを考慮して、歌手の声種は決定される。[黒坂俊昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐いき ‥ヰキ【声域】
〘名〙 その人が出せる声の最も高い音から、最も低い音までの範囲。
※文部省訓令第二号‐明治三六年(1903)三月九日・音楽「声域拍子等は前学年に同じ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

声域」の用語解説はコトバンクが提供しています。

声域の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.