Rakuten infoseek

辞書

壮士【そうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

壮士
そうし
明治期の職業的政治活動家。当初は民権運動家として,政府に対する建白や民衆に対する啓蒙などの活動を行なっていたが,1882年の福島事件以後,暴力主義,テロリズムに傾斜し,84年の加波山事件,85年の大阪事件などにも参画した。士族出身者が多く,その状態は政党に属する活動家から浮浪者的な無頼漢までさまざまであった。政府は内務大臣品川弥二郎の要請により,92年壮士取締りのための勅令である予戒令を発布した。 90年の議会制度成立後は自由党,立憲改進党系候補者の選挙運動などに従事し,のちそれらの政党の院外団を形成し,院外での政治活動を続けた者が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐し〔サウ‐〕【壮士】
壮年の男性。意気盛んな男性。
明治中期、自由民権運動の活動家。また、政党に雇われた用心棒運動員についてもいった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうし【壮士】
広くは血気盛んな男子。歴史上の概念としては1884,85年ごろから,民権運動の周辺に登場する青年活動家。決死の覚悟で敵地に赴く刺客をうたった〈風粛々として易水寒し,壮士一たび去りて復た還らず〉(《戦国策》)に由来する,熱気殺気を併せもった存在である。明治維新による国民的エネルギーの解放はこの時期に主としてほかに職業をもたない青年層の動きとして現れ,維新前後に誕生し,明治初年に成長した新しい世代のうちから,自由民権と国民的独立の意識に目覚めた青年の自発的運動が発生してくる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうし【壮士】
勇ましくて元気のいい男。壮年の男。
明治時代、自由民権思想の普及のために活動した闘士。
ことさら社会正義などをふりかざして談判におしかけ、強要・脅迫などをする無頼漢。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

壮士
そうし
明治期の一種の職業的政治活動家。自由民権時代に自由党の行動隊として活躍した。群馬事件、加波山(かばさん)事件、名古屋事件、飯田事件、大阪事件などに参加した「自由党の少」で、おもに士族や自作農の子弟からなる自由党内の急進派である。壮士の1人である井上敬次郎によれば、「志士」とか「実行者」の呼び名を「壮士」と呼称するようになったのは、1883、84年(明治16、17)ごろからであるという。尾崎行雄は、大同団結運動の参加者をそれまで「有志家」といっていたのを改めて「壮士」とよんだともいっている。88年12月角藤定憲(すどうさだのり)が壮士芝居を始め、演劇界でも流行した。議会開設後は院外団となる。[松尾章一]
『佐藤孝太郎著『三多摩の壮士』(1973・武蔵書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐し サウ‥【壮士】
〘名〙
① 勇壮な男子。血気のさかんな男。
※続日本紀‐文武三年(699)五月辛酉「蓋所以昭壮士之節、著不朽之名者也」
※日本読本(1887)〈新保磐次〉六「西郷隆盛が薩摩の壮士を率ゐて攻めあぐみたる堅城」 〔戦国策‐燕策〕
壮年の男子。
※吾妻鏡‐元久元年(1204)八月四日「以容儀花麗之壮士、可撰遣之由云々」
③ 定職を持たないで、他人の依頼によって談判脅迫などをする人。明治時代には、自由民権運動の活動家や、選挙運動などの政党にやとわれた用心棒や運動員などにもいった。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「案内をも乞はず主人の居室に馳け来たる二三の壮士あり」
※あめりか物語(1908)〈永井荷風〉暁「親方らしく、壮士らしく、破落戸(ごろつき)らしくなって居る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壮士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

壮士の関連情報

他サービスで検索

「壮士」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.