Rakuten infoseek

辞書

壬申の乱【じんしんのらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

壬申の乱
じんしんのらん
天智天皇崩御後,天武1 (672) 年 (壬申の年) 6月に皇位継承をめぐって皇族,豪族がそれぞれ2派に分れて争った内乱。大化改新 (645) を成功させた中大兄皇子は天智7 (668) 年即位して天智天皇となり,天皇による人民の直接支配を推し進めたが,天皇の実弟皇太子大海人皇子が兄を補佐した。ところが天皇は子大友皇子が長じるにしたがって,聡明な大友皇子を自分の後継者に望むようになったため,大海人皇子との間に不和を生じた。同 10年正月天皇は大友皇子を太政大臣に任命し,蘇我赤兄 (あかえ) と中臣金 (こがね) を左右大臣に任じ,政治の表面から大海人皇子を締出した。同年 10月大海人皇子は病床の天皇に招かれ,後事を託されたが拒否して東宮を辞し,出家剃髪してただちに兵器を納め吉野へ退いた。これは皇位への執着の疑いを受けないためであった。同 12月天智天皇は崩御し,大友皇子 (弘文天皇 ) が近江朝の主となると,大海人皇子は翌年6月 24日挙兵して吉野を発し東国に向った。立ち遅れた近江朝側は苦戦を続け,同7月 22日最後の一線であった瀬田川の戦いに敗れ,大津宮は陥落した。大友皇子は自害し,右大臣中臣金は斬られ,左大臣蘇我赤兄は流罪となった。勝った大海人皇子は,天武2年即位し天武天皇となり,古代天皇制は一層強化された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じんしん‐の‐らん【壬申の乱】
壬申の年にあたる672年、天智天皇の弟の大海人皇子(おおあまのおうじ)と天皇の長子である大友皇子が、皇位継承をめぐって起こした内乱。大友皇子は敗北して自殺し、翌年、大海人皇子は即位して天武天皇となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じんしんのらん【壬申の乱】
672年(天武1,壬申の年)に生じた内乱。大友皇子と大海人皇子(のちの天武天皇)とで皇位継承をめぐって争われた。大友皇子の父,大海人皇子の兄であった天智天皇は,その末年に至って,その子大友皇子を後継者とする方針にかたむき671年(天智10)には太政大臣に任命して政権の中心にすえた。この政権は蘇我赤兄(あかえ)を左大臣,中臣金を右大臣に,蘇我果安(はたやす),巨勢人(こせのひと),紀大人(きのうし)を御史大夫とするもので,古くから大和朝廷を構成していた豪族に属している。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

じんしんのらん【壬申の乱】
672年、壬申の年、天智天皇の子大友皇子と同天皇の実弟大海人皇子おおあまのおうじとの間で起こった皇位継承をめぐる争い。一か月余の戦いの結果、大友皇子は自害し、大海人皇子が翌年正月即位して天武天皇となり、以後大化の改新が一層強力に推進された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

壬申の乱
じんしんのらん
672年(弘文天皇1)壬申の年6月、天智天皇(てんじてんのう)の弟の大海人皇子(おおあまのおうじ)(後の天武天皇)が、天智の子である大友皇子(弘文(こうぶん)天皇)を首長とする近江(おうみ)朝廷に対して起こした古代最大の内乱。[直木孝次郎]

戦乱の経過

天智天皇は、初め大海人皇子を後継者とする意図をもっていたが、晩年には大友皇子を愛し、671年(天智天皇10)正月、新しく設けた政府の最高の地位である太政大臣(だいじょうだいじん)に大友を任じて、自己の後継者とする意思を示し、また左右大臣などの高官には蘇我(そが)・中臣(なかとみ)などの有力豪族を用いて、大友の地位の安定を計った。このことは大海人と大友との対立を深めた。この年10月、重病にかかって不安を感じた天智は、病床に大海人を招いて皇位を譲る旨を伝えた。天智の真意を計りかねた大海人は、身の危険を感じ、その場で出家して、わずかの従者とともに吉野山へ入った。その後両者は互いに相手の動向を警戒していたが、天智はその年の12月に没し、翌672年6月に至り、大海人はついに行動を開始した。まず、美濃国(みののくに)(岐阜県)に使を送って兵を集め、東国への交通の要所である不破関(ふわのせき)(岐阜県不破郡関ヶ原町)を抑え、続いて自らも美濃に向かい、野上(のがみ)(関ヶ原町)に行宮(あんぐう)を置き、本拠とした。さらに、東海、東山(とうさん)2道に使者を遣わし兵を集めさせた。大海人のこのような動きに対して、近江朝廷側も東国、筑紫(つくし)(九州)、吉備(きび)(岡山県、広島県東部)などの各地に使を遣わして兵を募るなど兵力の強化を図ったが、東国はひと足先に大海人側に抑えられ、筑紫では大宰(おおみこともち)、吉備では国守の協力が得られず、計画どおりにははかどらなかった。
 一方、先に近江朝廷を離れて大和(やまと)に帰っていた大伴(おおとも)氏は大海人側につき、大和における近江側の最大の拠点、飛鳥(あすか)古京の守備に加わっていた東漢(やまとのあや)氏らを味方に引き入れて、古京の占領に成功した。7月に入ると、大海人側は、伊賀、伊勢(いせ)、尾張(おわり)、美濃およびそれ以東の諸国から集めた兵により、大和、近江の2方面に各数万の軍団を配し、進攻を開始した。近江側も初めは兵の動員が順調にゆかなかったとはいえ、中央政府の権力を利用して大海人側に劣らぬ数の兵員を集めて対抗し、戦闘は大和、近江、河内(かわち)など各所で激しく行われた。近江側は初め大和、河内などで一時優勢に戦いを進めたが、やがて大海人側の増援軍の到着により、形勢は逆転した。高市皇子(たけちのおうじ)を総指揮者として湖東の平野を進撃した大海人皇子側の主力軍は、7月22日には瀬田川(せたがわ)付近で近江側の主力軍と戦ってこれを破り、瀬田川を渡った。乱の勝敗はここに決し、翌23日、大友は退路を失い、山前(やまさき)で自殺し、高官たちも捕らえられた。大津宮(おおつのみや)も戦乱によって破壊炎上した。勝利を収めた大海人は同年8月、大和の飛鳥へ帰り、浄御原(きよみはら)の新宮に入った。[直木孝次郎]

乱の原因と意義

古くは額田王(ぬかたのおおきみ)をめぐる天智天皇と大海人皇子との争いに注目する説もあったが、現在では政治的な面が重視され、皇位継承の問題を直接の原因とし、大化改新以来の天智の政策に不満をもつものが多いことも原因の一つとするのが一般的である。大海人を支持した勢力には皇族、皇親氏族、近江朝廷から疎外された一流豪族や、かなりの数の二流豪族も認められるが、畿内(きない)の下級豪族や東国の地方豪族の果たした役割はとくに大きい。勝利を得た大海人は天武天皇(てんむてんのう)となり、この新王権のもとで、天皇を中心とする強力な中央集権国家が形づくられていった。大化改新で計画された天皇制律令国家(りつりょうこっか)の成立に関し、この乱のもつ歴史的意義は大きい。[直木孝次郎]
『直木孝次郎著『壬申の乱』(1961・塙書房) ▽北山茂夫著『壬申の内乱』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壬申の乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

壬申の乱の関連情報

関連キーワード

弘文天皇天智天皇犬養五十君蘇我果安天智天皇穂積百足犬養五十君大伴吹負大友皇子坂合部薬

他サービスで検索

「壬申の乱」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.