Rakuten infoseek

辞書

壬生忠岑【みぶのただみね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

壬生忠岑
みぶのただみね
平安時代前期の歌人三十六歌仙の一人。安綱の子で,忠見の父。六位摂津権大目。『惟貞親王歌合』『寛平御時后宮歌合』に出詠。『古今和歌集』の撰者の一人。延喜7 (907) 年宇多院の大井川行幸に供奉して和歌を詠んだ。歌学書に『忠岑十体』 (『和歌体十種』) がある。家集に『忠岑集』があり,『古今集』以下の勅撰集に 80首余入集。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みぶ‐の‐ただみね【壬生忠岑】
平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。古今集の撰者の一人。温和で機知に富む歌風で知られる。著「和歌体十種」、家集「忠岑集」。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

壬生忠岑 みぶの-ただみね
?-? 平安時代中期の官吏,歌人。
三十六歌仙のひとりで,延喜(えんぎ)5年(905)「古今和歌集」の撰者にくわえられた。歌は「古今和歌集」以下の勅撰集に80首余はいっている。官歴は左近衛(さこんえの)番長,摂津権大目(ごんのだいさかん)。子に忠見がいる。家集に「忠岑集」。
【格言など】有明のつれなく見えし別れより暁ばかり憂き物はなし(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みぶのただみね【壬生忠岑】
平安前期の歌人。生没年不詳。三十六歌仙の一人。《古今和歌集》撰者の一人。忠見の父。和泉大将藤原定国の随身,左近衛の番長などを経て,905年(延喜5)には右衛門の府生であった。左近衛将監,御厨子所預,摂津権大目などに任ぜられたらしいが,《古今集》撰者の中では最も卑官であった。《古今集》以下の勅撰集に84首,家集に《忠岑集》がある。和歌を10種類の歌体に分け,5首ずつの例歌と歌体の説明を漢文で施した歌論書《和歌体十種》(《忠岑十体(ただみねじつてい)》ともいう)は忠岑作と伝えられるが,最近では忠岑に仮託されたとする偽書説が有力である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みぶのただみね【壬生忠岑】
平安中期の歌人・歌学者。三十六歌仙の一人。忠見の父。古今集の撰者の一人。著「和歌体十種(忠岑十体)」、家集「忠岑集」。生没年未詳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

壬生忠岑
みぶのただみね
生没年不詳。平安前期の歌人。『古今和歌集』の撰者(せんじゃ)。三十六歌仙の1人。忠見の父。右大将藤原定国の随身から右近衛(うこのえ)番長、右衛門府生(うえもんのふそう)、御厨子所預(みずしどころあずかり)、摂津権大目(せっつのごんのだいさかん)などを務めて、930年(延長8)以後に没したか。早く892年(寛平4)の「是貞親王家歌合(これさだのみこのいえのうたあわせ)」、「寛平御時后宮(かんぴょうのおおんとききさいのみや)歌合」にかなりの歌を残し、『新撰万葉集』を通じて、『古今集』直前の時期には紀友則(きのとものり)とともに有力な歌人であった。『古今集』には集中第四位の36首入集(にっしゅう)。その歌は清新で鋭い機知にあふれ、また体験的、主観的に事象を割り切るところがあって、典雅さにおいて『古今集』の他の3撰者にはやや及ばない。また、その身分の低さがうとまれたのか、『古今集』以後の活躍を伝えるものがない。しかし後世、象徴ということが尊ばれるようになると、再評価されるところがあった。
 有明けのつれなく見えし別れより暁ばかり憂きものはなし[菊地靖彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みぶ‐の‐ただみね【壬生忠岑】
平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。安綱の子で、忠見の父。六位摂津権大目に至った。「古今集」撰者の一人で、家集「忠岑集」がある。「古今集」以下の勅撰集に八二首入集。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壬生忠岑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

壬生忠岑の関連情報

他サービスで検索

「壬生忠岑」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.