Rakuten infoseek

辞書

【シ】

デジタル大辞泉

し【士】
男性。男子。また、特に学問・道徳などを身にそなえた尊敬に値する人物。「に一定の論あり」「同好のを募る」「博学の
さむらい。武士。「農工商」
中国、代の支配階級のうち、大夫の下の身分
一定の資格・職業の人。「弁護」「イエズス会

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し【士】[漢字項目]
[音](漢) ジ(呉) [訓]さむらい
学習漢字]4年
〈シ〉
成人した男子。また、学識・徳行のあるりっぱな男子。「士女隠士義士国士志士紳士人士壮士文士名士
古代中国の官吏の一。大夫より下の階級。「士大夫
特別の資格・技術を身につけた人。「学士棋士修士博士(はくし)弁士
さむらい。「士分騎士郷士(ごうし)武士浪士
軍人。「士官士気戦士兵士勇士
自衛隊の兵の称。「海士空士陸士
〈ジ〉に同じ。「衛士(えじ)居士(こじ)
[名のり]あき・あきら・お・おさむ・こと・さち・ただ・つかさ・と・のり・ひと・まもる
[難読]海士(あま)・徒士(かち)・博士(はかせ)武士(もののふ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ【士/仕】[漢字項目]
〈士〉⇒
〈仕〉⇒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

し【士】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

し【士】
男子。特に、学問・道徳を修めた男子についていう。 「同好の-」 「好学の-」 「高潔の-」
さむらい。武士。
古代中国で、大夫と庶民との間に位した身分。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し【士】
〘名〙
① 官位、俸祿を有し、人民の上に位する男。
※続日本紀‐養老四年(720)六月己酉「士有百行、孝敬為先」
菅家文草(900頃)二・相国東廊、講孝経畢「士出寒閨忠順成、樵夫不歎負薪行」 〔国語‐斉語一〕
② 男性をいう。男子。おとこ。おのこ。「同好の士」 〔史記‐刺客伝〕
学問道徳を身につけたりっぱな人。また、人徳の備わった尊敬に値する人物。
※菅家文草(900頃)二・有所思「狂暴之人難我、文章之士定為誰」
※徒然草(1331頃)一四三「博学の士も計るべからず」 〔史記‐周本紀〕
④ 武道をもって主君にえる者。武士。さむらい。士族。
太平記(14C後)二六「互に賢才の臣、勇猛の士を具して才を挍べ」
史記抄(1477)一九「士農工商四民と云て、人に四種の品があるぞ。士は、日本にさぶらいと云ほどの者ぞ」
⑤ 古く中国で、天子や諸侯の家臣で大夫の下に位する者。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ【士】
〘名〙 =し(士)
※日葡辞書(1603‐04)「Ii(ジ)。ツワモノ〈訳〉兵士。例、ユミャウノ jiuo(ジヲ) メシグス」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

士の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.