Rakuten infoseek

辞書

壟断【ロウダン】

デジタル大辞泉

ろう‐だん【×壟断】
[名](スル)
高い丘の切り立っている所。
《いやしい男が高い所から市場を見下ろして商売に都合のよい場所を見定め、利益を独占したという、「孟子」公孫丑下の故事から》利益や権利を独り占めにすること。
「大資本家が小資本家を吸収して利益を―すると云って」〈魯庵社会百面相

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ろうだん【壟断】
( 名 ) スル
〔「壟」は丘の意〕
丘の高く切り立った所。
〔ある男が丘から市場を見回し、品物を売るのに適した場所を探して利益を独占したという「孟子公孫丑下」の故事から〕 利益をひとりじめにすること。 「手段を運めぐらして此の利を-せんものをと/緑簑談 南翠

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろう‐だん【壟断】
〘名〙 (「」は岡の意)
① 高い岡のたち切れた所。
※島隠集(1508)扇面「雲籠台殿古招提、壠断岡横路転迷」
② (━する) (「孟子‐公孫丑・下」の「有賤丈夫焉、必求龍断而登之、以左右望而罔市利、人皆以為賤」による。ある男が市場の高い場所から形勢をながめ、自分の品物を売るのに都合のよい所を見つけて利益を独占したという、孟子のたとえ話から) 利益や権利をひとりじめにすること。
※太平記(14C後)一「壟断(ロウタン)の利に依て、商売往来の弊、年貢運送の煩ありとて」
※条約改正論(1887)〈小野梓〉五「其一手を以て内地の産業を壟断するの患なし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壟断」の用語解説はコトバンクが提供しています。

壟断の関連情報

他サービスで検索

「壟断」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.