Rakuten infoseek

辞書

壊滅【かいめつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

壊滅
かいめつ
Razgrom
ソ連の作家 A.ファジェーエフ長編小説。 1927年発表。革命に続く国内戦の時代,極東地区で,コサックの白軍や日本の干渉軍との至難な戦いのなかで,ついに全軍壊滅の運命をたどる一パルチザン部隊の悲劇。隊員たちのさまざまな性格,運命を,トルストイ的手法ともいうべき心理主義リアリズムにより多彩に書き分け,初期ソ連文学の古典的名作の一つとみなされる作品。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐めつ〔クワイ‐〕【壊滅/潰滅】
[名](スル)すっかりだめになってしまうこと。組織などが総崩れになること。「大地震で街が―した」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壊滅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

壊滅の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.