Rakuten infoseek

辞書

増村保造【ますむらやすぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

増村保造
ますむらやすぞう
[生]1924.8.25. 甲府
[没]1986.11.23. 東京
映画監督。東京大学法学部卒業。 1947年東映に入社。 52年から2年間ローマ映画実験センターで学ぶ。青春映画『くちづけ』 (1957) でデビューし,風刺映画『巨人玩具』 (58) で戦後派監督の先頭に立つ。代表作に『黒の試走車』 (62) ,『兵隊やくざ』 (65) ,『陸軍中野学校』 (66) ,『曾根崎心中』 (78) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ますむら‐やすぞう〔‐やすザウ〕【増村保造】
[1924~1986]映画監督山梨の生まれ。昭和27年(1952)ローマの映画実験センターへ留学。帰国後「くちづけ」で監督デビュー。代表作「偽大学生」「刺青」「曽根崎心中」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

増村保造 ますむら-やすぞう
1924-1986 昭和時代後期の映画監督。
大正13年8月25日生まれ。昭和22年大映に入社。27年ローマの映画実験センターに留学。溝口健二,市川崑(こん)の助監督をつとめ,32年「くちづけ」が監督第1作。作品に「巨人と玩具」「華岡青洲の妻」「曾根崎心中」など。昭和61年11月23日死去。62歳。山梨県出身。東大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

ますむらやすぞう【増村保造】
1924~1986) 映画監督。山梨県生まれ。強烈な自我や感情を持つ女性像を明晰な方法で描いて戦後映画に新風をもたらした。「巨人と玩具」「妻は告白する」「兵隊やくざ」「刺青」「大地の子守歌」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

増村保造
ますむらやすぞう
(1924―1986)
映画監督。山梨県甲府市に生まれる。1947年(昭和22)東京大学法学部、1951年同文学部卒業。この間1947年大映入社、1952年ローマの映画実験センターへ留学。帰国後『くちづけ』(1957)でデビュー、溌剌(はつらつ)とした作風で一躍注目を浴びる。独自の日本映画批判の実践でもあるその知的な作風は、製菓会社の販売合戦を扱った『巨人と玩具(がんぐ)』(1958)でも貫かれている。その後『華岡青洲(はなおかせいしゅう)の妻』(1967)など多作を強いられるが、一貫して批評精神を堅持、『偽大学生』(1960)、『刺青(いれずみ)』(1966)などの快作を発表。のちに自らの集大成として、意志的行為としての心中を猛烈に描ききった『曽根崎(そねざき)心中』(1978)を成功させた。[佐伯知紀]

資料 監督作品一覧

くちづけ(1957)
青空娘(1957)
暖流(1957)
氷壁(1958)
巨人と玩具(1958)
不敵な男(1958)
親不幸通り(1958)
最高殊勲夫人(1959)
氾濫(はんらん)(1959)
美貌(びぼう)に罪あり(1959)
闇を横切れ(1959)
女経 第一話 耳を噛(か)みたがる女[市川崑、吉村公三郎とのオムニバス](1960)
からっ風野郎(1960)
足にさわった女(1960)
偽大学生(1960)
恋にいのちを(1961)
好色一代男(1961)
妻は告白する(1961)
うるさい妹たち(1961)
(らん)(1962)
黒の試走車(1962)
女の一生(1962)
黒の報告書(1963)
嘘~第一話「プレイガール」[吉村公三郎、衣笠貞之助とのオムニバス](1963)
ぐれん隊純情派(1963)
現代インチキ物語 騙(だま)し屋(1964)
「女の小箱」より 夫が見た(1964)
卍(1964)
黒の超特急(1964)
兵隊やくざ(1965)
清作の妻(1965)
刺青(1966)
陸軍中野学校(1966)
赤い天使(1966)
妻二人(1967)
痴人の愛(1967)
華岡青洲の妻(1967)
大悪党(1968)
セックス・チェック 第二の性(1968)
積木の箱(1968)
濡れた二人(1968)
盲獣(1969)
千羽鶴(1969)
女体(1969)
でんきくらげ(1970)
やくざ絶唱(1970)
しびれくらげ(1970)
遊び(1971)
新兵隊やくざ 火線(1972)
音楽(1972)
御用牙 かみそり半蔵地獄責め(1973)
悪名 縄張荒らし(1974)
動脈列島(1975)
大地の子守唄(1976)
曽根崎心中(1978)
エデンの園(1980)
この子の七つのお祝に(1982)

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

増村保造」の用語解説はコトバンクが提供しています。

増村保造の関連情報

関連キーワード

取調べ島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎ゲタフラミニヌス

他サービスで検索

「増村保造」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.