Rakuten infoseek

辞書

【きょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


きょう
viṣaya
仏教用語。視覚 (眼) ,聴覚 (耳) ,嗅覚 (鼻) ,味覚 (舌) ,全身体的覚 (身) ,心の感覚 (意) の6種の知覚器官 (六識 ) によって知覚される対象のことで,それぞれ,形 (色) ,音声 (声) ,匂い (香) ,味 (味) ,接触されるもの (触) ,考えられるもの (法) をいう (→六境 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


さかい
群馬県南東部,伊勢崎市南東部の旧町域。利根川左岸にある。 1889年町制。 1955年采女村,剛志村,島村の3村と合体。 1957年世良田村の一部を編入。 2005年伊勢崎市,赤堀町,村と合体して伊勢崎市となる。中心集落の境は日光例幣使街道宿場町で2,7の日を市日とする六斎市が立ち,繭,生糸絹織物の取り引きで繁栄した。利根川沿いの平塚は銅街道の終点で,足尾の銅,米,雑穀の積み替え河岸であった。繊維,電気機器,自動車部品などの工場がある。太田市埼玉県本庄市などへの通勤者も多い。9世紀の官衙跡,十三宝塚遺跡 (国指定史跡) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう〔キヤウ〕【境】
場所。地域。土地。「無人の
心の状態。境地。「無我のに入る」
環境。境遇。
「誰しも―には転ぜらるる習いなり」〈露伴・露団々〉
仏語五官および心の働きにより認識される対象。六根の対象の、色・声・香・味・触・法の六境をいう。境界(きょうがい)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょう【境】[漢字項目]
[音]キョウ(キャウ)(呉) ケイ(漢) [訓]さかい
学習漢字]5年
〈キョウ〉
土地の区切り目。さかい。「境界越境国境四境
一定の区切られた場所。「異境環境仙境秘境辺境魔境
置かれた状態。「境涯境遇境地佳境逆境苦境順境心境進境老境
仏教で、認識の対象となる世界。「六境
〈ケイ〉社寺などの外囲い。「境内
〈さかい(ざかい)〉「境目県境国境地境潮境見境
[難読]海境(うなさか)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さかい〔さかひ〕【境/界】
土地と土地との区切り。境界。「隣との―」「県―」
ものとものとが接する所。また、ある状態と他の状態との分かれ目。区切り目。境目。「空と海との―」「生死の―をさまよう」→境する
ある範囲の内。地域。場所。また、境遇。
「身体を安逸の―に置くという事を文明人の特権のように考えている彼は」〈漱石明暗
心境。境地。
「―に入りはてたる人の句は、此の風情のみなるべし」〈ささめごと

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さかい【境】
堺とも書く。あらゆる事物や空間を区切るさまざまな仕切り(境界)。歴史上,境は原始社会から現代に至るまで,小は家と家の境,耕地と耕地の境などから,大は国郡などの行政区分上の境や国境まで普遍的に存在する。 日本の古代では,山や川などの天然・自然の境界物が基本的な境とされていた。《出雲国風土記》に登場する国堺・郡堺の記載50例(重複を含む)をみると,山が15例,水源1例,川が10例であり,さらに埼3例,浜1例,江1例を加えれば,国郡の堺の7割が自然の境界だった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きょう【境】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょう【境】
区切られた場所。 「無人の-を行く」 「斯かかる-にはふさはしい物語り/続風流懺法 虚子
心の状態。 「無我の-」
〘仏〙 人間の感覚器官と心の認識能力の対象。眼・耳・鼻・舌・身・意の六根それぞれによって認識される色・声しよう・香・味・触・法の六境。境界きようがい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔埼玉県〕境(さかい)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔富山県〕境(さかい)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔山梨県〕境(さかい)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔東京都〕境(さかい)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


さかい
群馬県南東部、佐波郡(さわぐん)にあった旧町名(境町(まち))。現在は伊勢崎市(いせさきし)の南東部を占める地区で、利根(とね)川分流の広瀬川および利根川に臨む。旧境町は1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)采女(うねめ)、剛志(ごうし)、島の3村と合併。1957年世良田(せらだ)村の一部を編入。2005年(平成17)伊勢崎市に合併。東武鉄道伊勢崎線、国道17号(上武(じょうぶ)道路)、354号が通じる。中心集落の境の地名は、かつて佐位(さい)・新田(にった)両郡の境界にあったことから名づけられ、江戸時代の日光例幣使(にっこうれいへいし)街道の宿場町、繭(まゆ)・生糸(きいと)の市場町として発達、いまは境北部工業団地なども造成され、繊維工業、電気機器製造業が盛んである。利根川北岸の平塚(ひらつか)は、江戸時代の銅街道(あかがねかいどう)の終点で、足尾(あしお)銅山生産の御用銅の積出し河岸(かし)(河港)としてにぎわった。上武士(かみたけし)の「赤椀節(あかわんぶし)」は樽(たる)に赤椀を添えて歌う八木節(やぎぶし)の一種。伊与久(いよく)にある十三宝塚遺跡は国指定史跡。[村木定雄]
『『境町歴史資料』全5巻(1957~1964・境町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さか【境】
〘語素〙 さかい。境界。「海(うな)さか」「岩さか」など。
[語誌](1)動詞さく(裂・割)」と同源で、「なは(縄)━なふ(綯)」「つか(塚)━つく(築)」「をさ(長)━をす(治)」等と同様の関係(「さか(境)━さく(割)」)であると考えられる。
(2)「天津磐境」〔書紀‐神代下〕、「海界」〔万葉‐一七四〇〕など複合語でみられ、また「泉津平坂」〔書紀‐神代上〕、「海坂」〔古事記‐上〕のように「坂」が用いられることもある。
(3)「さか」を動詞化した「さかふ」、その連用形「さかひ」が名詞として定着し、境の意での「さか」の語形は上代でも古語となっていたようである。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さかい‐・する さかひ‥【境】
〘他サ変〙 さかひ・す 〘他サ変〙 境界をつける。境目とする。
※慶応再版英和対訳辞書(1867)「Abut 境ヒシテ居ル、転輳スル、隣リテ居ル、一道ニナル」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さか・う さかふ【境】
[1] 〘他ハ四〙
① こちらとあちらを区別する。境界をつける。さかいとする。わけへだてる。
※書紀(720)成務五年九月(北野本訓)「則はち山河(やまかは)を隔(サカヒ)て国(くに)(あがた)を分(わか)つ」
※太平記(14C後)一九「勇士猛将の陣を取て敵を待つには、後は山により、前は水を堺(サカ)ふ事にてこそあるに」
② 物事の区別をはっきりさせる。
※名語記(1275)八「相撲のめたられにて相論するをさかふ如何。同前、堺の如し。勝負の堺也」
[2] 〘他ハ下二〙 (一)に同じ。
御伽草子・胡蝶物語(有朋堂文庫所収)(室町末)「峯をさかへ、谷を限り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

境の関連情報

他サービスで検索

「境」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.