Rakuten infoseek

辞書

境遇【キョウグウ】

デジタル大辞泉

きょう‐ぐう〔キヤウ‐〕【境遇】
その人が置かれた、家庭環境・経済状態・人間関係などの状況。身の上境涯。「恵まれた境遇に育つ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きょうぐう【境遇】
その人の置かれた環境や身辺の諸事情。身の上。境涯。 「不幸な-に育つ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐ぐう キャウ‥【境遇】
〘名〙
① その人が置かれた生活上の総合的状況。家庭環境、経済状態、友人関係など生活上のすべての面を含めていうことが多い。めぐりあわせ。身の上。境涯(きょうがい)
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一七「しかし、我輩の現今の境遇(キャウグウ)は、ほとんど疫病(やくびゃう)にかかったも宜しくだ」 〔福恵全書‐筮任部・総論〕
② 一般に、環境。状況。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉二「外部社会四囲の境遇は如何」
[語誌]「哲学字彙」などでは、circumstance の訳語に当てられており、明治期において、「境遇」は多分に②の意味もかねていたが、大正後期に②の意には「環境」が当てられるようになってからは、もっぱら①の意味に限定されるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

境遇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

境遇の関連情報

他サービスで検索

「境遇」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.