Rakuten infoseek

辞書

【じん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


じん
仏教用語。六境すなわち感覚器官対象である色,声,香,味,,法のことで,真実の心性をけがすことから塵と呼ばれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


ちり
相撲の仕切りに関することば。塵浄水 (ちりじょうず) の略で,昔,野天相撲を取ったとき,雑草 (ちり) をむしりとって手を清めたのが始めとされる。かしわ手を打って,もみ手をしてから腕を左右に開き,初め上に向けた手のひらを下に返す動作を「塵を切る」といい,武器を持っていないことを示す意味があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごみ【×塵/×芥】
利用価値のないこまごました汚いもの。ちり。あくた。塵芥(じんかい)。「―の山」「―捨て場」
水底にたまった泥状のもの。
「水田(みづた)の―深かりける畔(くろ)の上に」〈平家・九〉
[用法]ごみ・くず――「ごみ」は不要になり捨てられた物や、その辺にある汚いものをいう。「粗大ごみ」「川にごみを捨てる」などを普通「くず」とは言わない。◇「くず」は、切ったり削ったりして、良いところをとったりしたあとに残る役に立たない部分をいう。「パンくず」「糸くず」のように他の語に付いて、役にも立たないかけら、切れ端であることを示し、また、役に立たない意から比喩的に「あいつは人間のくずだ」などともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じん〔ヂン〕【×塵】
ちり。ごみ。
「側らにある―を取って摘み」〈織田訳・花柳春話
仏語。
㋐感覚の対象。境(きょう)。
㋑煩悩。
数の単位。1の10億分の1。→位(くらい)[表]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じん【塵】[漢字項目]
[音]ジン(ヂン)(呉) [訓]ちり
〈ジン〉
ちり。ほこり。「塵埃(じんあい)塵芥(じんかい)塵土灰塵黄塵後塵砂塵微塵(みじん)梁塵(りょうじん)
俗事。俗世間。「塵界塵外俗塵
仏教で、感覚に触れて修行の妨げとなるもの。「六塵(ろくじん)
〈ちり〉「塵紙塵塚
[難読]塵芥(ごみ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちり【×塵】
細かいくずなどが飛び散ったもの。ほこり。また、小さなごみ。「一つない部屋」
俗世間のわずらわしさ。世俗のよごれ。「浮世のを払う」
ほんの少しであること。多く、あとに打消しの語を伴って用いる。「ほども疑わない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

2012年公開のドキュメンタリー映画。監督・撮影・編集:河瀬直美。出演:河瀬直美、河瀬宇乃(監督の養母)、光祈(監督の息子)ほか。「につつまれて」(1992)に始まる自伝的ドキュメンタリー群の集大成的な作品。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じん【塵】
〘仏〙
感覚や心の働きの対象。
心を汚すもの。
煩悩ぼんのう
数の単位。沙しやの10分の1。すなわち1の10億分の1。 〔塵劫記〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちり【塵】
こまかくとびちるごみ。ほこり。 「本棚の-を払う」
小さなごみ。あくた。 「いとちひさき-のありけるを目ざとに見つけて/枕草子 151
(浄土に対して)この世のわずらわしさや、けがれ。世俗のよごれ。 「うき世の-」 「世に従へば、心、外の-に奪はれて惑ひやすく/徒然 75
よごれ。けがれ。 「いかでわれ心の雲に-据ゑで見る甲斐ありて月を眺めん/山家
ほんのわずかなこと。ほんの少し。 「 -ほども心にかけない」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じん ヂン【塵】
〘名〙
① ちり。土ぼこり。ごみ。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二「側らに在る塵(ヂン)を取って摘(つま)み」
② (「塵」はartha または viṣaya旧訳。衆生の心を汚すところからいう。新訳では「境」) 仏語六根の対象である六境。色、声、香、味、触、法の六つを六塵という。
※法華義疏(7C前)一「衆生従来迷塵。神根不利」
③ 六根のうちの眼根の対象となる極めて微細ないろをいう。
正法眼蔵(1231‐53)自証三昧「乃至眼耳鼻舌身意、根・識・塵等もかくのごとし」
④ 一の十億分の一の数。沙の十分の一、埃の十倍の数。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちり【塵】
〘名〙
① 粉末状や粒子状になってとびちるもの。くだけてとびちるもの。ほこり。
※書紀(720)継体二二年一一月(寛文版訓)「埃塵(チリ)相ひ接(つ)けり機(はかりこと)を両の陣(いくさ)の間に決めて」
※平家(13C前)一「たけき者も遂にはほろびぬ、偏(ひとへ)に風の前の塵に同じ」
② 小さなごみ。あくた
※枕(10C終)一五一「二つ三つばかりなるちごの、いそぎてはひ来る道に、いとちひさきちりのありけるを目ざとに見つけて」
③ ねうちのないもの。とるにたらないもの。→塵の身
※新撰菟玖波集(1495)秋「ちりならぬ身もただ夢のうち 蝶のゐる花の常夏秋かけて〈専順〉」
④ よごれ。けがれ。また、くもり。汚点。
※新古今(1205)釈教・一九二六「にごりなきかめ井の水を結びあげて心のちりをすすぎつる哉〈上東門院〉」
⑤ 浄土に対して、人の住む世界を汚れたものとしていう語。俗世のけがれ。また、俗界。塵界。塵俗。ちりの世(よ)
※常陸風土記(717‐724頃)久慈「是(これ)、人間(ひとのよ)の遊びなれども、頓(ひたぶる)に塵の中の煩(うれひ)を忘る」
⑥ きわめてわずかな物事のたとえ。いささか。ほんの少し。わずかばかり。
※源氏(1001‐14頃)椎本「髪〈略〉末までちりのまよひなく、つやつやとこちたう美しげなり」
⑦ さわぎ。みだれ。→塵治まる
⑧ 先人のした仕事。遺業。→塵に継ぐ
⑨ 残りもの。お流れ。
※年中定例記(1525頃)「御憑み今日悉く御返しすみて、残りたる物を右筆両人・御使人・同朋、御ちりとて、鬮にて給候」
⑩ 相撲で、土俵上にあがり、清めの塩をまいたあと徳俵(とくだわら)の内側にしゃがんで、両手をすりあわせて塵をひねり落とし、ぱっとひらく動作をいう。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉一月暦「やがて二力士は土俵口で例のチリと云ふ挨拶をして、それから土俵の中へ進んだのださうな」
⑪ 「ちりがみ(塵紙)」の略。
※随筆・こがねぐさ(1830頃か)「なにとは知らず、ちりといへるいやしげなる紙に包みたるものを投げ入れて、その人はいづち行きけん。影だに見えず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塵の関連情報

他サービスで検索

「塵」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.