Rakuten infoseek

辞書

塩素爆鳴気【エンソバクメイキ】

デジタル大辞泉

えんそ‐ばくめいき【塩素爆鳴気】
塩素水素との等量混合気体。光・加熱放電などの影響によって連鎖反応を起こし、爆発的に化合する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えんそばくめいき【塩素爆鳴気】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

塩素爆鳴気
えんそばくめいき
chlorine detonating gas
塩素と水素との等容積混合物。この混合気体は、常温暗所ではほとんど変化はなく、散乱光のもとでゆっくりと反応するだけであるが、加したり、紫外線を照射すれば、激しく反応して爆発するのでこの名がある。
これは、塩素分子がエネルギーを吸収して解離し、生じた塩素原子が水素分子と反応して水素原子を生じ、これがさらに塩素分子と反応して塩素原子を生じるというふうにして、反応が繰り返しおこる反応(連鎖反応)として説明される。
連鎖反応は次のようにしておこる。
(1)Cl2―(光)→2Cl
(2)Cl+H2―→HCl+H
(3)H+Cl2―→HCl+Cl
(4)Cl+X―→連鎖停止(XはO2その他の不純物)
(5)H2+Cl2―→2HCl+184.090kJ[守永健一・中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんそ‐ばくめいき【塩素爆鳴気】
〘名〙 塩素と水素の当量混合気体。光、熱、放電、放射線などによって爆発的に化合するので、この名がある。常温下の暗いところではほとんど変化しない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

塩素爆鳴気
エンソバクメイキ
chlorine detonating gas

爆発限界内の組成の塩素と水素の混合物.等モルあるいはそれよりも塩素過剰の混合物に強い光(直射日光,アーク灯,マグネシウムの燃焼など)を照射するか,気体内で火花を飛ばすとはげしい爆発を起こすことは古くから知られている.水素が多くなると爆発は起こりにくくなる.塩素と水素の光化学的結合反応は,非爆発的反応でも純粋な混合物では量子収量は 106 にも達する.その反応機構は,

Cl + H2 → HCl + H     (2) 

H + Cl2 → HCl + Cl     (3) 

Cl + X → 連鎖停止    (4) 

(Xは O2,その他の不純物)の連鎖機構で進む.光が強くなると反応速度は大となり,ついには爆発に至るが,これは反応熱による反応系の温度上昇だけでは説明できない.上の(2),(3)の反応では1個のCl原子は1個のCl原子を再生するだけであるが,爆発が起こるときには連鎖分岐により,1個のCl原子から2個のCl原子が生成する確率が増すためと考えられる.分岐反応の反応機構はまだ明らかでないが,(3)で生じたHCl分子が,この反応の大きな反応熱のため,エネルギーに富む HCl* 分子となり,これが,

   HCl* + Cl2 → HCl + 2Cl

   HCl* + HCl* + Cl2 → 2HCl + 2Cl

などの反応で2個のCl原子をつくるという説がある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩素爆鳴気」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩素爆鳴気の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.