Rakuten infoseek

辞書

塩素ガス中毒【えんそがすちゅうどく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

塩素ガス中毒
えんそがすちゅうどく
塩素ガスの吸入によっておこる中毒症状。塩素ガスは刺激臭のある黄緑色のガスで、塩化ビニル製造、紙やパルプなどの漂白、水の殺菌や消毒、金属精錬などに使用される。生体に対しては強い酸腐食作用をもち、急性中毒では、目、鼻、のどの灼熱(しゃくねつ)感、咳(せき)、胸部圧迫痛などで始まり、呼吸困難、チアノーゼ、肺水腫(すいしゅ)をおこす。塩素ガスに繰り返しさらされると慢性中毒になり、気管支炎、鼻粘膜の炎症や潰瘍(かいよう)をおこしやすく、また、歯牙(しが)酸食症、耳の周辺や顔面の皮脂腺(ひしせん)の炎症(塩素(ざそう))、肝臓障害、腎臓(じんぞう)障害などが注意されている。労働衛生上の塩素ガスの許容濃度は1ppmである。なお、救急処置としては、暴露の中止後、被災者を新鮮な空気中に搬出し、心停止には心臓マッサージと人工呼吸を始め、呼吸があれば希アンモニア水をしませた脱脂綿を短時間ずつかがせるなど、呼吸中枢刺激剤の蒸気吸入を行うほか、酸素吸入も必要である。[重田定義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩素ガス中毒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩素ガス中毒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.