Rakuten infoseek

辞書

塩田【えんでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

塩田
えんでん
salt pit
太陽熱や風で海水の水分を蒸発させ,(1) 塩,あるいは (2) 製塩の原料 (濃縮鹹水) をとる設備。 (1) は天日塩田で,世界各地の高温乾燥地帯に発達しているが,降雨量の多い日本の塩田は (2) に属する。日本には塩田地盤を満潮面より高いところに造る揚浜式塩田,中等水位に設ける入浜式塩田,枝条架を利用した流下式塩田の3種があり,瀬戸内坂出赤穂,鳴門,三田尻などに集中的に発達,1950年代からほとんど流下式に代ったが,70年代からイオン交換膜法製塩が採用されるに及んで工場団地や住宅地などに変貌している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩田
しおた
佐賀県南西部,嬉野市北部の旧町域。塩田川中流域にある。 1918年町制。 1956年五町田村,久間村と合体。 2006年嬉野町と合体して嬉野市となる。かつては長崎街道宿場町で,塩田川水運終点の河港もあり,水陸交通の要地としてにぎわった。享保2 (1717) 年に街道が武雄経由に変更されてからは商工業地としての町勢は衰えた。明治以後も,陸揚げした天草石を砕石する陶磁器原料製造業が盛んとなり,有田など県内外の窯業地に原料を供給。清酒工場もある。周辺部では米,ミカンを栽培する。唐泉山にはシイの天然林がある。江戸時代末期の建築物である西岡家住宅は国の重要文化財に,杉光家住宅は国の登録有形文化財に指定。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩田
しおだ
長野県中部,上田市の地区。旧町名。 1970年上田市に編入上田盆地を北流する千曲川左岸にあり,盆地の一部と平坦部の塩田平を含む地域で,早くから水田が開け,近世上田藩穀倉となった。鎌倉時代の禅寺が多く,国宝の安楽寺八角三重塔をはじめ重要文化財の中禅寺薬師堂,常楽寺多宝塔などがあり,「信州の鎌倉」といわれる。また村上氏の前線基地であった塩田城跡がある。別所温泉の所在地でもある。薬用ニンジン,塩田鯉を特産

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えん‐でん【塩田】
海水から塩をとるために砂浜などに設けた区画。日光で海水を濃縮し、鹹水(かんすい)を得る所。塩浜(しおはま)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しお‐た〔しほ‐〕【塩田】
《「しおだ」とも》「えんでん(塩田)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

塩田
 海水から塩をとるためにつくられた砂の田です。近世の瀬戸内海沿岸では海水を砂にまく揚浜式塩田[あげはましきえんでん]から、水路を使って自然に海水を砂にしみこませる入浜式塩田[いりはましきえんでん]に変わっていきます。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんでん【塩田】
食塩を生産する工程において,砂を媒体として海水を濃縮する土地と設備を塩田という。外国では岩塩を産出し,あるいは海塩を生産するとしても蒸発条件がよく,天日を利用して簡単に生産しうるが,日本は岩塩も産出せず,蒸発条件もよくないから,1971年ごろまでは必要食塩のすべてを塩田によって生産した。
【種類】
 古来からの製塩法を分類すると図のようになるが,このうち(6)~(13)が塩田である。ただし(17)も通常流下式塩田という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しおた【塩田】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんでん【塩田】
海水から食塩をつくるために、海岸につくられた砂田。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しおた【塩田】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔栃木県〕塩田(しおだ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えん‐でん【塩田】
〘名〙 塩を製造するために、塩釜に入れて煮る濃い鹹水(かんすい)を得る目的で設けられた海辺の砂面。しおはま。→塩田法。〔長宗我部氏掟書(1596)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しお‐た しほ‥【塩田】
〘名〙 (「しおだ」とも) 海水から塩をとるために、田のように整地された砂浜。えんでん。
※悪魔(1903)〈国木田独歩〉三「この村は海浜に沿ふて塩田(シホダ)あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩田の関連情報

他サービスで検索

「塩田」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.