Rakuten infoseek

辞書

塩化物【えんかぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

塩化物
えんかぶつ
chloride
塩素と他の元素あるいはとの化合物総称希ガスを除くほとんどすべての元素は塩化物をつくる。金属の塩化物は金属あるいはその水酸化物,炭酸塩,酸化物に直接塩酸を作用させて得られることが多い。金属塩化物は少数例外を除き,一般に水,酸に可溶であるが,ある種の金属の塩化物は加水分解しやすい。非金属元素の塩化物には共有結合化合物が多い。金属塩化物の水溶液中に生じる塩化物イオン Cl-硝酸銀の作用により白色沈殿 AgCl を生じる。この沈殿はアンモニア水,チオ硫酸ナトリウム溶液に易溶なので,水に可溶な金属塩化物が容易に検出される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

塩化物
(1) 化学的堆積物で,ナトリウム,カリウム,マグネシウムの塩化物の塩からなるもの.(2) を含む鉱床の探査用語にも用いる[Hatch, et al. : 1938].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

塩化物
 塩素より陽性な元素と塩素の化合物.塩化ナトリウムなどはイオン性の化合物.非金属元素の塩化物は共有結合性である.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんかぶつ【塩化物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんかぶつ【塩化物】
塩素と、それより陽性の元素または基との化合物の総称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

塩化物
えんかぶつ
chloride
塩素と、塩素より陽性な元素または基、多原子団などとの化合物の総称。たとえば金属元素との間では、塩化ナトリウムNaCl、塩化カルシウムCaCl2、塩化アルミニウムAlCl3、塩化チタン()TiCl4などのように、また非金属元素とは、塩化水素HCl、二塩化硫黄(いおう)SCl2、三塩化リンPCl3、四塩化炭素CCl4などのように、一般式AClnnは正の整数)で表される。また各種の基や原子団では、たとえば、塩化メチルCH3Cl、ジクロロメタンCH2Cl2、ヘキサアンミンコバルト()塩[Co(NH3)6]Cl3などがそうである。
 一般に金属の塩化物は、金属酸化物、水酸化物、炭酸塩などを塩酸に溶かして得られる。また元素単体と塩素との反応によっても得られ、とくに遷移金属の塩化物の無水和物は直接反応によらなければ得られないものが多い(たとえば塩化クロム()CrCl3など)。陽性の強い元素、たとえばアルカリ金属、アルカリ土類金属などの塩化物(たとえば塩化ナトリウムや塩化カルシウム)は、無色のイオン結晶が多く、水に溶けて水溶液は中性。遷移元素など陽性の比較的弱い元素の塩化物(たとえば塩化チタン()や塩化クロム())は、かなりの共有性を有し、層状格子あるいは分子格子からなるものが多い。またそれらの塩化物の水和物は、多くの場合アクア錯塩である。たとえば塩化アルミニウム六水和物AlCl3・6H2Oは[Al(H2O)6]Cl3、塩化ニッケル()六水和物NiCl2・6H2Oは[NiCl2(H2O)4]・2H2Oである。
 非金属元素の塩化物は直接反応させるか、酸分解によって得られ、多く共有結合性の分子からなり、揮発性であり、常温で気体ないし液体であることが多い。水には不溶、あるいは加水分解されて塩酸と非金属元素のオキソ酸を生ずる。たとえば
PCl3+3H2O
―→3HCl+H2PHO3
 また有機溶媒には溶けやすい。一般に水に溶けるものは、硝酸銀によって塩化銀の白色沈殿を生ずる。[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんか‐ぶつ エンクヮ‥【塩化物】
〘名〙 塩素と、塩素より陽性な元素との化合物の総称。希ガス元素以外のすべての元素の塩化物が知られ、塩素が負一価の状態で含まれている。アルカリ金属など陽性元素との塩化物はイオン結晶で水溶性。非金属元素との塩化物は一般に分子性で、常温で気体または液体。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

塩化物
エンカブツ
chloride

塩素と塩素より陽性な元素または基との化合物の総称.ほとんどすべての元素が塩化物をつくる.金属あるいはその酸化物,水酸化物,炭酸塩に塩酸を加えるか,または塩素と元素の直接反応,複分解などによりつくられる.陽性の強い元素の塩化物は無色のイオン結晶をつくる.銅(Ⅰ),銀,金(Ⅰ),水銀(Ⅰ),タリウム(Ⅰ),金(Ⅱ)および白金(Ⅱ)の塩化物は水に難溶で,その他の塩化物は可溶.とくにリチウム,マグネシウム,カルシウムの塩化物は潮解性で水によく溶ける.水溶液中で塩化物イオンが金属に配位したクロロ錯イオンをつくることが多い.非金属元素の塩化物の多くは,共有結合性の気体または揮発しやすい液体である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えんか‐ぶつ〔エンクワ‐〕【塩化物】
塩素と、それより陽性の元素または原子団との化合物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩化物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩化物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.