Rakuten infoseek

辞書

【けん】

世界大百科事典 第2版

けん【塤】
中国・朝鮮の雅楽祭祀楽(孔子廟楽,朝鮮では文廟楽)に用いる球型の笛で,オカリナの一種。吹き口はまるい頂点にあり,上から吹く。指孔は5孔で,後ろに両親指用の2孔,前に左右の人差指と右中指用に3孔ある。指孔全部閉じて吹いたときにハ音を出し,全部開けたときにロ音を出すように作る。中国河南省二里岡遺跡から,日本では山口県綾羅木郷(あやらぎごう)遺跡から土笛が出土している。石笛や土笛は周代から使用が認められる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


けん
中国、朝鮮で用いた土製の笛。(くん、あるいは、かん)とも書く。土を焼いてつくり、石器時代の石(いわ)笛、土笛を起源とする。外形は底が平らな球形あるいは卵形で、内部は空洞である。上端に吹口、胴には5~8個の指孔があり、息を当てる角度を変えグリッサンドさせて演奏する。漢代以降清(しん)代まで雅楽の登歌(とうか)、楽懸(がくがかり)に用い、また俗楽にも用いた。宋(そう)代と明(みん)代には朝鮮に伝わり、孔子廟(びょう)の祭祀(さいし)楽に用いられた。[卜田隆嗣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塤の関連情報

他サービスで検索

「塤」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.