Rakuten infoseek

辞書

場所【バショ】

デジタル大辞泉

ば‐しょ【場所】
何かが存在したり行われたりする所。ある広がりをもった土地。「魚の釣れる場所」「約束の場所
人がいる所。また、物が占めるために要する広さ。「立っている場所もない」
相撲の興行をする所。また、その期間。「初場所
[補説]書名別項。→場所
[下接語]秋場所在り場所居場所岡(おか)場所死に場所出場所夏場所初場所春場所本場所

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばしょ【場所】[書名]
瀬戸内寂聴私小説。著者が80歳で訪れた自らのゆかりの地で、自身の過去を再構築する。平成13年(2001)刊行同年、第54回野間文芸賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

場所
高良留美子の詩集。1963年、第13回H氏賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばしょ【場所】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばしょ【場所】
ところ。位置。 「病院の-を尋ねる」
ある一定の区域。空間。 「車をとめる-がない」 「すわる-を確保する」
相撲の興行を行う所。また、その期間。 「一月-」
[句項目] 場所を踏む

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ば‐しょ【場所】
〘名〙
① ある物事が、存在したり行なわれたりするところ。ところ。場。位置。また、特定の地域。区域。
※浄瑠璃・最明寺殿百人上臈(1699)含み状「経世がやしき某望み申せ共、御用の場所とてりん惜有」
② いるところ。占める位置。場席。
※歌舞伎・三人吉三廓初買(1860)二幕「大方お前が尋ねて来ようと、今夜も場所(バショ)へ其金を持って行ったが」
③ 特に、遊郭、盛り場などをさしていう。
洒落本・寸南破良意(1775)髪結「床の二ケ所も持てゐるな、場所の株も有ハ」
④ 相撲の興行をする所または一定の期間。また、その興行。
※歌舞伎・群清滝贔屓勢力(1867)中幕「己が場所から帰りがけ通りかかった栗林で」
⑤ おおやけの場。また、中心地。
太政官(1916)〈上司小剣〉二「村でこそ太政官やが、場所へ出れば唯の百姓や」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ば‐どころ【場所】
〘名〙 場。ところ。場所(ばしょ)
甲陽軍鑑(17C初)品四七「敵も味方も入まじり、ばところを取つとられつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

場所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

場所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.