Rakuten infoseek

辞書

【ホウ】

デジタル大辞泉

ほう【報】
知らせ。通知。報告。「危篤のを受ける」
行為に応じて受けるむくい。応報。返礼。
「前の世に福の因を殖ゑずして此の世に貧しき―を得たり」〈今昔・一二・一五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう【報】[漢字項目]
[音]ホウ(呉)(漢) [訓]むくいる しらせる しらせ
学習漢字]5年
人がした事に対し、それ相当のお返しをする。むくいる。むくい。「報恩報国報酬報復応報果報業報(ごうほう)返報
告げ知らせる。知らせ。「報告報知報道会報官報凶報警報広報時報詳報情報速報通報電報日報予報朗報
[名のり]お・つぐ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほう【報】
通知。しらせ。 「勝利の-を受ける」
むくい。応報。 「我身の大納言になるまじき-にてこそ有けれ/落窪 4
返礼すること。 「我頭くびを以て千金の-万戸の邑に購あがなうと/太平記 28

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう【報】
〘名〙
① むくい。応報。
落窪(10C後)四「かく死ぬれば、我身の大納言になるまじきはうにてこそ有けれと」
② 返礼すること。代償を与えること。
太平記(14C後)二八「我聞、漢我頸を以て千金の報(ホウ)万戸の邑に購(つぐのふ)と」 〔史記‐孝文紀〕
③ しらせ。通知。報告。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉六月暦「号砲一声空に轟いて皇后陛下御出門の報(ハウ)伝はれば」 〔礼記‐郊特牲〕
④ 「ほうじん(報身)」の略。
風姿花伝(1400‐02頃)四「法報応の三身の如来を象り奉る所也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう・じる【報】
〘他ザ上一〙 (サ変動詞「ほうずる(報)」の上一段化したもの) =ほうずる(報)
人情本・清談若緑(19C中)二「情を讎(あだ)で報(ハウ)じる道理」
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生と虚空「八角時計がゆっくり九時を報じる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐・ず【報】
〘他サ変〙 ⇒ほうずる(報)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐・ずる【報】
〘他サ変〙 ほう・ず 〘他サ変〙
① 受けた恩にむくいる。恩をかえす。
※観智院本三宝絵(984)中「汎一日に三度恒沙のかすの身をすつとも猶仏法の一句の恩をだにも報する事あたはじ」
② 恨みを晴らす。仕返しをする。
※今昔(1120頃か)二「前世に少の福有らば必ず此の怨を報ずべし」
③ 知らせる。告げる。
※玉塵抄(1563)四「林がやがて客人のきたを報じて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

報の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.