Rakuten infoseek

辞書

報徳記【ほうとくき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

報徳記
ほうとくき
二宮尊徳の伝記。尊徳の女婿にあたる門人富田高慶著。8巻。安政4 (1857) 年成立寺門静軒の尊徳伝記にあきたらず,高慶が「富国安民の法」である報徳仕法を尊徳の言葉を通して世に伝えようとしたもの。尊徳の出生から一家の再興,六百余町村の復興などを語り,その間に逸話などをはさみ,尊徳の思想が明らかにされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうとくき【報徳記】
二宮尊徳の伝記。8巻。富田高慶著。安政3年(1856)成立、翌年改訂。尊徳の思想と業績を詳述し、最も信頼できる資料とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほうとくき【報徳記】
二宮尊徳の伝記。八巻。富田高慶著。1856年成立。数ある尊徳伝の中でも信頼性に富み価値が高い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうとくき【報徳記】
二宮尊徳の伝記。弟子の富田高慶著。安政三年(一八五六)成立。尊徳の思想と活動を記す伝記として明治政府によって出版された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

報徳記
ほうとくき
江戸末期,二宮尊徳の伝記
1856年成立。8巻。富田高慶 (たかよし) が,尊徳の節約貯蓄を中心とする報徳仕法を彼の伝記をとおして正しく伝えるため著したもので,尊徳の思想が具体的に記されている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

報徳記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

報徳記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.