Rakuten infoseek

辞書

堅気【カタギ】

デジタル大辞泉

かた‐ぎ【堅気】
[名・形動]
心がしっかりしていてまじめなこと。また、そのさま。律儀。「堅気な人」
職業や生活が、まっとうで、着実なこと。また、そういう人。「堅気の商売」「堅気になる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かたぎ【堅気】
名 ・形動 [文] ナリ 
性質がまじめでしっかりしている・こと(さま)。律義。 -な人
(やくざ・娼婦・芸妓などに対して)まじめで地道な職業。また、それに従事する人。 -の商人あきんど -になる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた‐ぎ【堅気】
〘名〙 (形動)
① 心がしっかりしていて、まじめであること。浮薄でなく、ものがたい性格であるさま。りちぎ。きまじめ。
※浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「六十八でも生得かたき赤がねさかやき剃たてて」
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉四四「京都へ上って来て今度は堅気(カタギ)に此方で家持ち商売はじめよ」
② 従事している仕事がじみで、堅実であること。また、そういう職業。客商売やばくち打ち、やくざなどに対していう。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「又その前に身受をされて、堅気(カタギ)の人間になった事なら」
③ 型にはまって堅い感じがするさま。
※続末枯(1918)〈久保田万太郎〉「銘仙の酷くカタギな客蒲団を持ち出した」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堅気」の用語解説はコトバンクが提供しています。

堅気の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.