Rakuten infoseek

辞書

堂島米市場【どうじまこめいちば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

堂島米市場
どうじまこめいちば
江戸時代,大坂堂島新地に開かれた米市場。もと淀屋に町人蔵元が集って米市を立て相場を争っていたが,元禄9 (1696) 年淀屋闕所 (けっしょ) ののちこの地に米市場が移り享保 16 (1731) 年米仲買が許されてのちは,米仲買,両替屋,蔵屋敷が,蜆川堂島川間の砂州に集中し,とりわけ浜通1丁目の米相場が有名になった。米 100石単位の延べ売買を行う帳合米商内 (ちょうあいまいあきない) をはじめ,米切手による正米市 (しょうまいいち) ,小口の取引である虎市 (とらいち) も立ち,米方年行司を選んで取締りを行なった。明和8 (71) 年米会所ができ,明治以後は大阪堂島米商会所に引継がれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうじまこめいちば【堂島米市場】
大坂堂島にあった江戸時代最大の米市場。大坂は江戸初期から蔵屋敷蔵元が存在し,蔵米を中心とした全国的な米の集散地であった。初期の米市場については不明だが,万治寛文(1658‐73)ごろには,淀屋橋南詰にあった当時の有力な町人蔵元である淀屋の門前に米商人たちが集まり,米売買が行われたという。いわゆる淀屋米市がこれであるが,1697年(元禄10)にいたって,堂島新地の開発にともない,米市場もこの地に移転した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

堂島米市場
どうじまこめいちば
近世大坂における米取引の中心地。もと淀屋(よどや)門前で立っていた米市が1697年(元禄10)堂島(大阪市北区)に移り、米仲買や両替屋、諸藩蔵屋敷も集まって取引量も増え、ここでの米相場が全国に大きく影響するようになった。1730年(享保15)帳合(ちょうあい)米取引(帳簿上で行う一種の先物取引)が公許されたあと、正米(しょうまい)(現物)取引も引き続き行われたが、実際には米切手の売買であり、諸藩領国からの未廻着(みかいちゃく)米を見越した切手の過剰発行がしばしばなされ、空米(くうまい)切手ないし空米取引事件として紛議を起こした。幕末に至り、米価変動甚だしいため、期限4か月の帳合米取引は1か月の石建(こくだて)米商いに転じたが、1869年(明治2)廃止され、正米取引のみとなった。[岩橋 勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どうじま‐こめいちば ダウじま‥【堂島米市場】
江戸時代、大坂の堂島に開かれた米穀の市場。はじめ淀屋橋南詰の淀屋の門前(北浜)で開かれていた米市場が、元祿一〇年(一六九七)に堂島新地に移転したのにはじまる。明治にはいり堂島米穀取引所に引き継がれ、昭和一四年(一九三九)日本米穀株式会所に統合された。堂島。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

堂島米市場
どうじまこめいちば
江戸時代,大坂の堂島に設けられた米市場
現在の大阪市北区にあった。17世紀後半,諸藩の蔵物販売にあたる蔵元が出現し,米売買・米相場が行われるようになって,1697年淀屋橋南詰から新開の堂島に移った。1730年米仲買に株が許可され,堂島は幕府官許の米市場として発展,全国米相場の中心となった。1876(明治9)年米穀取引所転身

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堂島米市場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

堂島米市場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.