Rakuten infoseek

辞書

堀部弥兵衛【ほりべ やへえ】

美術人名辞典

堀部弥兵衛
江戸中期の武士。赤穂四十七士の最長老。名は金丸。浅野三代の藩主に仕え、槍術に秀で、三百石を有す。長矩のとき江戸留守居役となる。中山安兵衛を養子として隠居したが、主君内匠頭長矩が吉良上野介義央を刃傷に及び切腹後、父子共に吉良邸に討ち入った。元禄16年(1703)歿、76才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ほりべ‐やへえ〔‐やヘヱ〕【堀部弥兵衛】
[1627~1703]赤穂義士の一人。名は金丸。娘婿安兵衛とともに吉良邸の討ち入りに参加。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

堀部弥兵衛 ほりべ-やへえ
1627-1703 江戸時代前期の武士。
寛永4年生まれ。赤穂(あこう)四十七士のひとり。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂藩につかえて300石。兵法長槍(ながやり)にすぐれ,江戸留守居役となる。元禄(げんろく)15年吉良義央(きら-よしなか)邸討ち入りに婿養子の安兵衛とともにくわわり,16年2月4日細川邸で切腹。77歳。四十七士中最年長者であった。名は金丸。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

ほりべやへえ【堀部弥兵衛】
1627~1703) 赤穂浪士の一人。名は金丸。浅野家の江戸留守居。義士の最年長者。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堀部弥兵衛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

堀部弥兵衛の関連情報

他サービスで検索

「堀部弥兵衛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.