Rakuten infoseek

辞書

堀辰雄【ほりたつお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

堀辰雄
ほりたつお
[生]1904.12.28. 東京
[没]1953.5.28. 長野,追分
小説家。第一高等学校を経て 1929年東京大学国文学科卒業。 23年室生犀星を通じて芥川龍之介を知り深い影響を受け,芥川の自殺の衝撃を卒業論文『芥川龍之介論』 (1929) および『聖家族』 (30) に結晶,西欧心理主義の手法によって知性と感性の統一をはかる近代的スタイルで作家としての地位を確立した。その後喀血し長野県のサナトリウムに入り,軽井沢と東京を往復しながら,『恢復期』 (31) ,『燃ゆる頬』 (32) などの小品,連作『美しい村』 (33) ,『物語の女』 (34) ,連作『風立ちぬ』,『菜穂子』 (41) などの,死を見つめながら生を肯定するという主題の巧緻な小説を書いた。詩誌『四季』を主宰。『かげろふの日記』 (37) ,紀行文大和路信濃路』 (43) ,絶筆『雪の上の足跡』 (46) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほり‐たつお〔‐たつを〕【堀辰雄】
[1904~1953]小説家。東京の生まれ。芥川竜之介に師事。フランス文学、特に心理主義的手法の影響を受け、知性と叙情の融合した独自の世界を築いた。作「聖家族」「風立ちぬ」「菜穂子」「美しい村」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

堀辰雄 ほり-たつお
1904-1953 昭和時代の小説家。
明治37年12月28日生まれ。室生犀星(むろう-さいせい),芥川竜之介に師事,中野重治(しげはる)らと同人誌「驢馬(ろば)」を創刊。昭和5年「聖家族」で注目される。同年から終生結核のため療養生活をおくりながらプルーストやリルケ,日本の古典にしたしみ,「美しい村」「風立ちぬ」「かげろふの日記」「菜穂子」などの作品を発表した。また8年詩誌「四季」を創刊。昭和28年5月28日死去。48歳。東京出身。東京帝大卒。
【格言など】風立ちぬ,いざ生きめやも(「風立ちぬ」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

堀辰雄
1904〜1953(明治37年〜昭和28年)【小説家】婚約者の死をもとに、「風立ちぬ」を執筆。 純粋な愛と死をフランス文学的な叙情で描き上げた。昭和期の小説家。東京都出身。東大卒。一高入学後肺を患い、軽井沢で療養中に関東大震災で母を失う。東京帝国大学に入ると、中野重治と同人誌「驢馬(ろば)」を創刊。1930年(昭和5)「聖家族」で文壇デビュー。軽井沢の療養所で婚約者を失った経験をもとに書かれた「風立ちぬ」では、純粋な愛と生命の美を描いた。ほか代表作に「美しい村」、「かげろふの日記」、「菜穂子」など。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほりたつお【堀辰雄】
1904‐53(明治37‐昭和28)
作家。東京生れ。近代的知性や感覚で愛や死や生をめぐる問題を作品化し,昭和文学に新風をもたらした。幼時期に父のもとを離れ,東京下町で育ち,府立三中,一高を経て,1929年,東大国文科を卒業。高校時代から芥川竜之介の知遇を得,また新しいフランス文学を意欲的に吸収した。30年,芥川の死やみずからの恋愛体験を素材にラディゲ風の心理分析を施した《聖家族》で文壇に登場し,のちプルーストやリルケに学んで《美しい村》(1933‐34),《風立ちぬ》(1936‐38)を発表,作家的位置を確かにした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほりたつお【堀辰雄】
1904~1953) 小説家。東京、麴町生まれ。東大卒。「驢馬ろば」同人。芥川竜之介に師事。西欧心理主義文学に親しみ、知的抒情と死を凝視した繊細な心理分析にすぐれた。代表作「聖家族」「美しい村」「風立ちぬ」「菜穂子」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

堀辰雄
ほりたつお
(1904―1953)
小説家。明治37年12月28日、東京・麹町(こうじまち)に生まれる。母西村志気(しげ)は辰雄2歳のおり、彼を連れて堀家を去り向島(むこうじま)の彫金師上条松吉に嫁したが、関東大震災の際に死亡した。一高理科乙類時代に終生の文学的僚友となる神西清(じんざいきよし)を知り、室生犀星(むろうさいせい)、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)に師事、やがて彼らと軽井沢で一夏を過ごす経験をも得る。東京帝国大学国文科に進んだ翌1926年(大正15)に中野重治(しげはる)らと同人誌『驢馬(ろば)』を創刊、左傾する同人たちのなかにあって、コクトー、アポリネールらの翻訳を軸に芸術それ自体の革新を志向。芥川の自殺に衝撃を受け宿痾(しゅくあ)ともなった肋膜(ろくまく)の発病に悩まされながらも、その意欲の一斑(いっぱん)を翻訳『コクトオ抄』(1929)、処女短編集『不器用な天使』(1930)で示し、さらにラディゲばりの鮮やかな心理解剖の筆をふるった小説『聖家族』(1930)によって、この期の芸術派を代表する作家としての評価を受けた。
 以後、小説の形式と方法との模索に飽くなき執着を示す作家として独自の展開を遂げ始め、1933年(昭和8)にはプルーストの影響裡(り)に『美しい村』を完成、38年には婚約者の死に遭(あ)って生まれた『風立ちぬ』を刊行、とくに後者はリルケから摂取した運命以上の生の思想を知性と叙情の融合した文章でつづり、散文芸術の一極致を示すに至った。またこの間、詩誌『四季』(第一次・1933、第二次・1934創刊)によって立原道造(たちはらみちぞう)、津村信夫(のぶお)ら後輩詩人の育成に努める。昭和10年代にはさらに、王朝文学に親しみ古代への関心も深めて『かげろふの日記』(1937)、『曠野(あらの)』(1941)、『大和(やまと)路・信濃(しなの)路』(1943)などの作品を残すが、『聖家族』以来の念願であったロマン(本格的長編)完成への夢も、『菜穂子(なほこ)』(1941)刊行をもって一帰結をみた。第二次世界大戦末期に信州信濃追分に疎開、その地で病と闘いながら、戦後の『四季』復刊や文芸誌『高原』の創刊(ともに1946)に意を注いだが、昭和28年5月28日逝く。墓は東京・多磨霊園にある。[大橋毅彦]
『『堀辰雄全集』八巻・別巻二(1977~80・筑摩書房) ▽『堀辰雄文学入門』(『神西清全集6』所収・1976・文治堂書店) ▽堀多恵子著『葉鶏頭――新編辰雄のいる随筆』(1978・麦書房) ▽池内輝雄編『鑑賞日本現代文学18 堀辰雄』(1981・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほり‐たつお【堀辰雄】
小説家。東京出身。一高在学中神西清を知り文学を志すに至る。東京帝国大学国文科卒。芥川龍之介に師事。「山繭」「驢馬」「文学」の同人となり、小説、訳詩、評論を発表。西洋心理主義文学の手法をとり入れた独自の世界を築いた。「四季」を三好達治、丸山薫、立原道造らと創刊。著「聖家族」「美しい村」「風立ちぬ」「菜穂子」など。明治三七~昭和二八年(一九〇四‐五三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堀辰雄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

堀辰雄の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)日露戦争ロシア革命解析変成作用熱雲青木繁インターナショナルウェーバー(Max Weber)ソディソフィア

他サービスで検索

「堀辰雄」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.