Rakuten infoseek

辞書

堀田善衛【ほったよしえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

堀田善衛
ほったよしえ
[生]1918.7.17. 高岡
[没]1998.9.5. 横浜
小説家。 1942年慶應義塾大学仏文科卒業。第2次世界大戦末期の 45年,勤務先から中国に派遣されて敗戦前後の状況をつぶさに体験,これをもとに『波の下』 (1948) ,『祖国喪失』 (50) などを書いた。『歯車』 (51) を経て,「戦後」終焉期の知識人の不安を対象化した『広場の孤独』 (51) で芥川賞を受賞。その後『歴史』 (52) ,『時間』 (53) ,『記念碑』 (55) などを発表する一方,アジア=アフリカ作家会議の推進に力を入れて,インド,ソ連,中国,アフリカキューバ東欧などを歴訪,国際作家ともいうべき活躍をする。ほかに島原の乱を軸に「東と西」の主題に迫った歴史小説『海鳴りの底から』 (60~61) ,日本古典論『方丈記私記』 (71) ,画家ゴヤ伝記『ゴヤ』 (4部作,74~77) ,エッセー『定家明月記私抄』 (86) などがある。 98年日本芸術院賞受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほった‐よしえ〔‐よしヱ〕【堀田善衛】
[1918~1998]小説家。富山の生まれ。上海に渡るが、敗戦後中国国民党宣伝部に徴用される。帰国後、本格的に作家活動に入り、「広場の孤独」「漢奸(かんかん)」で芥川賞受賞。「いちばん遅くやってきた戦後派」と称される。他に「方丈記私記」「ゴヤ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

堀田善衛 ほった-よしえ
1918-1998 昭和後期-平成時代の小説家。
大正7年7月17日生まれ。堀田くにの3男。中国上海で終戦をむかえ,昭和22年帰国。27年「広場の孤独」「漢奸(かんかん)」で芥川賞。国際的な視野をもつ戦後派作家として海外でも知られる。46年「方丈記私記」で毎日出版文化賞,52年評伝「ゴヤ」で大仏(おさらぎ)次郎賞。平成6年朝日賞,10年芸術院賞。同年9月5日死去。80歳。富山県出身。慶大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ほったよしえ【堀田善衛】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほったよしえ【堀田善衛】
1918~1998 小説家。富山県生まれ。慶大卒。「広場の孤独」で芥川賞を受賞。国際的な感覚に富んだ作品で知られ、土俗的な問題にも注目する。小説「海鳴りの底から」「橋上幻像」、評論・評伝「方丈記私記」「ゴヤ」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

堀田善衛
ほったよしえ
(1918―1998)
小説家。大正7年7月17日、富山県高岡市に生まれる。石川県立二中、慶応義塾大学予科を経て1942年(昭和17)仏文科卒業。雑誌『批評』に参加、詩と評論を発表。44年召集されたが、胸部疾患のため解除となり、国際文化振興会から派遣されて上海(シャンハイ)に渡る。武田泰淳(たいじゅん)、石上(いそのかみ)玄一郎を知る。南京(ナンキン)では草野心平を知り、『歴程』の同人となる。第二次世界大戦敗戦後、中国国民党宣伝部に徴用され、上海滞在中(1946)に『祖国喪失』『歯車』などを書き始める。47年(昭和22)1月ようやく帰国。雑誌『個性』『歴程』などに詩を発表する。48年本格的に作家生活を開始。51年に『歯車』と並んで発表した『広場の孤独』『漢奸(かんかん)』で、52年に芥川賞を受賞し、いちばん遅くやってきた戦後派などと称された。52年長編『祖国喪失』を完成し、以後、『歴史』(1952)、『時間』(1953)、『鬼無鬼島(きぶきじま)』(1956)と毎年のように長編問題作を発表する。このころから海外との交流にも力を入れ、アジア・アフリカ作家会議などに出席して国際的にも知られる。『審判』(1960~63)、『海鳴りの底から』(1960~61)、『若き日の詩人たちの肖像』(1966~68)、『橋上幻像』(1970)と長編の創作を続け、71年『方丈記私記』(1970)で毎日出版文化賞を受賞。その後の作品に評伝『ゴヤ』(1973~76)、『定家明月記私抄』(1981~88)『ミシェル城館の人』(1994)、『ラ・ロシュフーコー公爵傳説』(1998)などがある。また、『インドで考えたこと』(1957)などの評論もある。[佐々木充]
『『堀田善衛全集』全16巻(1974~75・筑摩書房) ▽本多秋五著『物語戦後文学史』(1966・新潮社) ▽大江健三郎著『同時代としての戦後』(1973・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほった‐よしえ ‥よしヱ【堀田善衛】
小説家、評論家。富山の生まれ。国際的視野に立って、現代人の直面する危機感を追究。作「広場の孤独」「時間」「海鳴りの底から」「インドで考えたこと」など。大正七~平成一〇年(一九一八‐九八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堀田善衛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

堀田善衛の関連情報

関連キーワード

誘導尋問牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))公孫瓚

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.