Rakuten infoseek

辞書

埼玉【サイタマ】

デジタル大辞泉

さいたま【埼玉】
関東地方中央部の県。武蔵の北半部を占める。県庁所在地さいたま市。古く、この地方を、さきたま(前玉・埼玉)とよんだところからの名。人口719.5万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さいたま
埼玉県南東部の市。県庁所在地。平成13年(2001)浦和、大宮、与野の3市が合併して成立。同15年指定都市。同17年に岩槻市を編入。人口122.3万(2010)。
[補説]さいたま市の10区
岩槻区浦和区大宮区北区桜区中央区西区緑区南区見沼区

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さきたま【埼玉】
《「さいたま」の古形古代武蔵の国の郡名。現在の埼玉県北部、利根川沿いの地。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さいたま【埼玉】
〔古く武蔵国北東部を「さきたま」と称し、「埼玉」の字をあてたことからの称〕
関東地方中部の内陸県。かつての武蔵国北半部を占める。東部は関東平野、西部は関東山地に属する。中央を荒川が流れて東京湾に注ぐ。県庁所在地、さいたま市。
(市名は仮名書き)埼玉県南東部の市。関東平野の中央部に位置する。県庁所在地。指定都市。中山道の宿場町(大宮宿・浦和宿)として発達。東日本の交通の要衝で、市中央部の大宮駅は全国有数のターミナル駅。大宮駅と南部の与野駅の間に、さいたま新都心を開発。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さきたま【埼玉】
古代、武蔵国の郡名。現在の埼玉県北部にあたる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さいたま【埼玉】
(古く「さいだま」とも)
[一] 武蔵国北東部の郡名。古くはこの地方を「さきたま」と呼び、のち「前玉」「埼玉」の字が当てられ、「さいたま」と読まれた。明治一二年(一八七九)南北二郡に分かれた。
[三] (さいたま) 埼玉県南東部の地名。県庁所在地。平成一三年(二〇〇一)、浦和、大宮、与野の三市が合併して成立。同一五年政令指定都市となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さきたま【埼玉】
(「さいたま」の古形) 古代、武蔵国の郡名。現在の埼玉県北部を占めて、利根川に面していた。
※万葉(8C後)九・一七四四「前玉(さきたま)の小埼の沼に鴨そ翼きる己が尾に降り置ける霜を掃ふとにあらし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

埼玉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

埼玉の関連情報

他サービスで検索

「埼玉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.