Rakuten infoseek

辞書

基質【きしつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

基質
きしつ
(1) ground substance; matrix 結合組織において細胞間を埋めている細胞間質。流動するもの,繊維状のもの,骨質のものなどいろいろある。 (2) substrate 酵素の作用を受けて化学反応を起す物質をその酵素の基質と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐しつ【基質】

酵素の作用を受けて化学反応を起こす物質。アミラーゼが作用するでんぷんなど。
㋑代謝の出発物質。
複合した構造の基盤となる部分。
㋐細胞間にある物質。細胞間質。礎質。
㋑染色糸を取り巻く物質。染色体基質。
細胞質内でゴルジ体・ミトコンドリアなどの構造物の間を埋めているもの。細胞質基質。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

基質
一般に岩石度が明瞭に異なる構成物質からなる場合に,その細粒部分で作られる素地の部分.斑状組織をもつ火成岩の石基の部分,礫岩砂岩粒子の間を埋める細粒の粒子よりなる部分,などがあり,火成岩の基質を特に石基(groundmass)という.砕屑状の堆積岩では砕屑粒を結合する物質で,マトリクスの物質は他の粒と一緒に沈積する,引き続いた変質作用で現地で自生し発達する,僅かに変成作用を受ける,などの作用で形成される[Pettijohn : 1957, 片山ほか : 1970].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

基質
 酵素が反応して別の物質にする前の物質.酵素と複合体を形成する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きしつ【基質】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きしつ【基質】
酵素が作用する相手の物質。アミラーゼに対するデンプンなど。酵素基質。
呼吸に使われる物質。糖類や脂肪など。
動物の結合組織の細胞間物質。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

基質
きしつ
一般に酵素の作用を受けて化学反応をおこす物質をさす場合が多い。たとえばデンプンはアミラーゼの基質であり、尿素はウレアーゼの、またリボ核酸(RNA)はリボヌクレアーゼ(RNase)のそれぞれ基質である。酵素反応においては、各酵素分子が特定の基質分子の構造を認識して作用を及ぼす、基質に関する選択性を示す。これを酵素の基質特異性というが、酵素の名称の多くがその代表的な基質の名をつけて命名されているのは、基質特異性が酵素の大きな特徴であることによる。この基質特異性は、酵素によりきわめて高いものから低いものまでいろいろある。このような酵素と基質の関係は、鍵(かぎ)と鍵穴との関係に例えられる。「鍵と鍵穴説」(Emil・H・フィッシャー)は基本的には正しいが、両者の関係は固定的ではなく、相互にコンホメーション(立体配座)の変化を引き起こすことにより触媒作用を促進するという誘導適合モデル(コシュランドD. E. Koshland, Jr.)で説明されている。
 なお、代謝の出発物質を基質とよぶこともある。ある微生物の呼吸基質とか、発酵基質といった使われ方をする。また、染色体基質や細胞質基質(サイトゾル)をさす場合もある。[飯島道子]
『広海啓太郎著『酵素反応』(1991・岩波書店) ▽中村隆雄著『酵素キネティクス』(1993・学会出版センター) ▽一島英治著『酵素の化学』(1995・朝倉書店) ▽石川春律他編『岩波講座 現代医学の基礎2 分子・細胞の生物学2』(2000・岩波書店) ▽藤本大三郎著『酵素反応のしくみ――現代化学の最大の謎をさぐる』(講談社ブルーバックス) ▽R・K・マレー他著、上代淑人・清水孝雄監訳『ハーパー生化学』原書28版(2011・丸善)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐しつ【基質】
〘名〙
① 物質を構成する基盤となる物質の総称。
② 酵素の作用を受けて化学反応を起こす物質をその酵素に対していう。たとえば、アミラーゼに対する澱粉、カタラーゼに対する過酸化水素など。
③ 動物の結合組織で、細胞の量に比べて、より多い場合の細胞間物質をいう。
④ 染色体基質など、構造の中心部を包括して基礎となる部分。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

基質
キシツ
substrate

】酵素反応で化学変化を受ける物質のこと.酵素にとって基質分子の立体構造は厳密に規定されている.たとえば,L-アスパラギナーゼの基質はL-アスパラギンである.基質には酵素が生体中において本来の機能を果たしているときの基質,いわゆる天然基質と,酵素の研究に際し,酵素活性測定用に合成された合成基質とがある.【】有機化学反応で,試薬によって反応を受ける物質のこと.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

基質の関連情報

関連キーワード

実体ソシュール/用語解説実体エアクッション船アースジャッジ・システム形の知覚言語相対仮説実体MIS

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.