Rakuten infoseek

辞書

基礎【キソ】

デジタル大辞泉

き‐そ【基礎】
ある物事を成り立たせる、大もとの部分。もとい。「基礎がしっかりしているから、上達が早い」「基礎を固める」「基礎知識」
建造物の荷重を支持し、地盤に伝える最下部の構造物。地形(じぎょう)・土台など。
[用法]基礎・基本――「中国語を基礎(基本)から勉強する」「生活習慣の基礎(基本)を身につける」などの場合は相通じて用いられる。「社会繁栄の基礎」「会社の基礎を固める」などは「基本」では言い換えられない。◇「基本」は物事の根本、よりどころとなるものをいう。「基本法」は他の法律のよりどころとなる憲法などをさす。「法律の基礎」というと、法を支える考え方・思想の意味が強い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

基礎
建物の自重や建物に加わる荷重(積雪荷重、地震力など)を地盤に伝え、建物を支える下部構造の総称。木造の場合は外壁や主要間仕切壁の下に連続して設けた布基礎が代表的だが、地盤が軟弱な場合は建物の底面全体を版状の基礎としたベタ基礎が用いられる。→布基礎、ベタ基礎

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きそ【基礎 foundation】
基礎工とも呼ばれる。建築物や橋,ダムなどの構造物の自重による鉛直方向の荷重や,地震や風によって構造物に加わる水平方向の荷重を地盤に伝えるための工作物。構造物の下部に広がって設けられる下部構造体(フーチングfootingといい,この部分のみを基礎と呼ぶこともある)と,杭などのように地盤側に設けられる工作物である地業とからなる。構造物の上部構造の荷重は,鋼材やコンクリートでつくられた柱や壁に集約されて支えられており,常時,柱に働いている圧縮力は断面1cm2当り,鋼柱で1000kgf,コンクリート系の柱では数十kgfの程度である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きそ【基礎】
物事が成立する際に基本となるもの。 「 -を固める」
建築物の重量を支え、安定させるために設ける建物の最下部の構造。地形じぎよう・礎石・土台など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

きそ【基礎】
建物や橋などの構造物を支え、上部の荷重を地盤に伝える部分。大型の構造物に用いる杭(くい)基礎やケーソン基礎など、さまざまな種類がある。一般には住宅建築で用いられる直接基礎をいうことが多い。直接基礎には、形状により独立基礎布基礎べた基礎などがある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐そ【基礎】
〘名〙
① 物事がなりたっているおおもと。根本。もとい。〔新令字解(1868)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「その自主の基礎(キソ)(〈注〉ドダヰ)は、人民の性行の上に在なり」
② 建築物を安定させるために設けた建物の一番下の部分。地形(じぎょう)、礎石、土台などを含む。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「此橋は大鉄管を累(かさ)ね基礎となす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基礎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

基礎の関連情報

他サービスで検索

「基礎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.