Rakuten infoseek

辞書

基督【キリスト】

大辞林 第三版

キリスト【基督】
ヘブライ語マーシーアッハ(メシア)のギリシャ語訳クリストスの転。元来、油を塗られた者の意で、王に与えられた称号だった。紀元後一世紀には、この世の終末に現れる救世主の意味になる イエスの敬称。のちイエスそのものをさす。クリスト。 基督とも書く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キリスト【基督】
(Christo 元来khristos (油を注いで清められた者の意)に由来) イエスの尊称であったが、のちにはイエスその人をさすようになった。耶蘇(やそ)。イエス‐キリスト。
※病者を扶くる心得(1593)二「御出世なされたるでうすひいりよ、ぜず‐きりしと」
[語誌]日本伝来当時はキリシトであったが、江戸時代後期からキリストとなった。中国イエズス会士によって、音訳語「基利斯督」およびその略語「基督」がつくられ、日本においても明治初年から、「基督」が当て字として新教系の刊行物(片仮名表記「キリスト」を採用した邦訳聖書を除く)で用いられ、明治中期までには一般的表記法として確立した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キリスト(〈ポルトガル〉Cristo)
イエス=キリスト」に同じ。
[補説]「基督」とも書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基督」の用語解説はコトバンクが提供しています。

基督の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.