Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

基点【キテン】

デジタル大辞泉

き‐てん【基点】
距離や時間を計るとき、もとになる点や場所。
考えや行動もととなるところ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きてん【基点】
物事のもととなる点。特に、計測や作図の際にもととする点や場所。地点。 同音語の起点は動作・作用の起こる出発点のことであるが、それに対して基点は計測や作図などで基準となる定点のことをいう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐てん【基点】
〘名〙
① 距離や時間を計ったりするときに、そのもとになる点や場所。〔工学字彙(1886)〕
※歩兵操典(1928)第四四四「射距離・目標指示の基点、弾薬小隊の位置」
② 考えや行動のもとになる点。また、物事の出発点。
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉須永の話「千代子と僕とは其日を基点(キテン)として出立しても、今頃は人間の利害で割く事の出来ない愛に陥ってゐたかも知れない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

基点の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.