Rakuten infoseek

辞書

基準系【きじゅんけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

基準系
きじゅんけい
frame of reference
物理現象はこれを観測する立場により異なって見え,異なった法則に従うことがある。観測や記述の基準とする立場を基準系という。基準系では現象の位置や時間を表わすために座標系を設定するので,基準系を基準座標系または単に座標系と呼ぶこともある。物体慣性をもつとみなせる基準系を慣性基準系または慣性系といい,そうでない系を非慣性系という。ニュートン運動方程式は慣性系で成り立つ運動法則であって,これに対し加速度をもつ基準系での運動方程式には見かけの力が加わる。あらゆる基準系 (または慣性系) において物理法則は同じ形式でなければならないという要請を一般 (または特殊) 相対性原理という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基準系」の用語解説はコトバンクが提供しています。

基準系の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.