Rakuten infoseek

辞書

培養土【バイヨウド】

デジタル大辞泉

ばいよう‐ど〔バイヤウ‐〕【培養土】
肥料などを混ぜ合わせた、園芸植物栽培するための

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばいようど【培養土】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばいようど【培養土】
園芸で、植物を栽培するために肥料・腐葉土・石灰などを一定の割合で混ぜ合わせた土。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

培養土
ばいようど
園芸植物を栽培するときに用いる土のことで、一般には土、有機物、肥料などを混ぜたものをさす。培土、養土ともいう。よい培養土の条件は、土や混合物の物理性、化学性、生物性が相互によく関連していることである。すなわち、保水性、排水性、通気性がよく(物理性)、酸度(弱酸性がよい)、肥料濃度が適当で、重金属類などの有害物質を含まず(化学性)、有効微生物の活力が維持できる有機物を保持し、病害虫の原因となる幼虫・卵・病原菌を保有しない(生物性)ものがよい。[堀 保男]

培養土の作成

赤土や粘土質(田土)を主に、腐葉土や堆肥(たいひ)を混合して作成するが、混合比は栽培植物の種類により差がある。普通、鉢物用培養土では、赤玉(あかだま)土に対し15~20%の完熟腐葉土を混合し、さらに完熟乾燥牛糞(ぎゅうふん)などを少量用いる。また1、2か月先に使用する場合は、用土に石灰、油かす、骨粉、腐葉土、化学肥料などをあらかじめ混合して堆積しておくか、ビニル袋などに入れ完全発酵させてから使用すると、よい培養土となる。人工培養土として岩石を加工処理したもの(バーミキュライト、パーライト)もある。[堀 保男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばいよう‐ど バイヤウ‥【培養土】
〘名〙
① 植物の栽培に用いる土。培土。
② 比喩的に、ものを生み出すもととなるもの。
※芸術主義の頽廃について(1955)〈浅見淵〉「志賀直哉においては陶磁器や絵画が創作衝動の培養土となっているが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

培養土」の用語解説はコトバンクが提供しています。

培養土の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.