Rakuten infoseek

辞書

執金剛神【シュウコンゴウジン】

デジタル大辞泉

しゅうこんごう‐じん〔シフコンガウ‐〕【執金剛神】
手に金剛杵(こんごうしょ)を持ち、仏法を守護する夜叉神(やしゃじん)。本来は一つの神格であるが、日本では多く二神一対として寺門の左右に置かれる。一般に半裸の力士形で、仁王ともいう。金剛神金剛力士。密迹(みっしゃく)金剛。執金剛。持金剛。しっこんごうじん。→金剛力士

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅこんごう‐じん〔シュコンガウ‐〕【執金剛神】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうこんごうじん【執金剛神】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しゅこんごうしん【執金剛神】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

つこんごうじん【執金剛神】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅうこんごうじん【執金剛神】
〔「しっこんごうじん」とも〕
武装忿怒ふんぬの形をし、手に金剛杵しよを持つ護法神。二神一対で仏の左右、または寺の山門の両側に置かれる。仁王におう。執金剛。持金剛。金剛神。金剛力士。密迹みつしやく金剛。執金剛夜叉。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しっこんごう‐じん シッコンガウ‥【執金剛神】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅうこんごう‐じん シフコンガウ‥【執金剛神】
仏語。手に金剛杵(こんごうしょ)を持ち仏法を護る夜叉神。その形相は、初期には着甲の神将形にあらわされたが、後には半裸の力士形が一般に行なわれ、二神一対で寺門などを守護する神とされた。いわゆる、仁王のこと。持金剛、執金剛力士、金剛力士、密迹力士など、種々の称がある。密教では大日如来の眷属(けんぞく)として諸種の金剛の名を与え、その上首である金剛手秘密主を大日如来の因位を表わす金剛薩埵とする。しっこんごう。しっこんごうじん。しゅうこんごう。
霊異記(810‐824)中「其の山寺に一つの執金剛神摂像を居く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅこんごう‐じん シュコンガウ‥【執金剛神】
しゅうこんごうじん(執金剛神)〔書言字考節用集(1717)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

執金剛神」の用語解説はコトバンクが提供しています。

執金剛神の関連情報

他サービスで検索

「執金剛神」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.