Rakuten infoseek

辞書

城戸 俊三【キド シュンゾウ】

20世紀日本人名事典

城戸 俊三
キド シュンゾウ

昭和期の馬術選手 元・日本馬術連盟常務理事。



生年
明治22(1889)年

没年
昭和61(1986)年10月3日

出生地
宮城県仙台市東二番丁(現・一番町)

学歴〔年〕
陸軍士官学校〔明治42年〕卒

経歴
昭和7年陸軍騎兵少佐、9年宮内省(現宮内庁)に入り、21年まで勤務。主馬寮厩務課長、主殿寮運輸課長などを歴任。この間、1928年アムステルダム五輪、1932年ロサンゼルス五輪に総合馬術選手として出場。ロス大会の時は、疲労した愛馬「久軍」をかばうため途中で棄権、話題になった。この事件で愛馬精神の手本として世界的名声を博した。宮内省時代は天皇陛下、皇太子殿下らのご乗馬指導にあたった。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

城戸 俊三」の用語解説はコトバンクが提供しています。

城戸 俊三の関連情報

他サービスで検索

「城戸 俊三」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.