Rakuten infoseek

辞書

垂乳根【タラチネ】

デジタル大辞泉

たらちね【垂乳根】
《枕詞「たらちねの」から》
母。母親。
「―の消えやらで待つ露の身を風より先にいかでとはまし」〈増鏡・新島守〉
親。両親。父母。
「―はいかに哀れと思ふらむ三年になりぬ足たたずして」〈今鏡・六〉
父。父親。
「―もまた垂乳女(たらちめ)もうせはてて頼む陰なき歎きをぞする」〈拾玉集・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たらちね【垂乳根】
〔枕詞「たらちねの」から〕
母。母親。たらちめ。 「その-を尋ぬなる、子安の塔を過ぎ行けば/謡曲・熊野」
親。父をも母をもいう。 「昔だに昔と思ひし-のなほ恋しきぞはかなかりける/新古今 雑下
〔母の意の「垂乳女たらちめ」が生じたことから〕 父。父親。たらちお。 「(実忠ノコトヲ)忘るなよ契りおきけむ-も笑みて見るらむ/宇津保 国譲中

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たらちね【垂乳根】
[1] (枕詞「たらちねの」から)
① 母。
※万葉(8C後)一四・三三五〇「筑波嶺の新桑繭の衣はあれど君が御衣(みけし)しあやに着欲しも(一云)多良知禰能(タラチネノ)
※謡曲・海人(1430頃)「たらちねのためと思へば急がれて」
② 父でも母でも、また両親の場合をも含めて、親をさしていう。
※宇津保(970‐999頃)国譲中「忘るなと契り置きけんたらちねも笑(え)みて見るらん雲の上にて」
③ 特に、父親をさす。母をさすのに「たらちめ」という語ができてから、これと対応して用いられる。たらちお。〔綺語抄(1107‐16)〕
[2] 落語。大家(おおや)の世話で八五郎がもらった嫁が、古典的でていねいすぎることばを使うおかしみを表現。さげは地口(じぐち)落ち。別名「たらちめ」「延陽伯」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

垂乳根」の用語解説はコトバンクが提供しています。

垂乳根の関連情報

他サービスで検索

「垂乳根」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.