Rakuten infoseek

辞書

垂れ【シズレ】

デジタル大辞泉

しずれ〔しづれ〕【垂れ】
垂(しず)り」に同じ。 冬》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐だれ【垂れ/枝垂れ】
枝やが、たれ下がること。しだり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たれ【垂れ】
たれること。また、たれているもの。
「更紗の―を下げた、どす暗い料理場で」〈三重吉・小鳥の巣〉
垂れ駕籠(かご)のむしろ戸。
帯やひもの端の結び下がり。
剣道の防具で、胴の下に垂らして腰部を保護するもの。
料理に用いる、液状の合わせ調味料。主に鍋物や、焼き鳥・照り焼き・蒲焼(かばやき)などの焼き物に使う。
垂れ味噌(みそ)」の略。
能に用いる仮髪(かはつ)の一。両鬢(びん)の所から肩の少し下まで垂らす。黒垂(くろたれ)と白垂とがある。
漢字の構成部位の一。上から左下に垂れている部分。字形によって「厂(がんだれ)」「广(まだれ)」などとよぶ。
(接尾語的に用いて)その性質や状態をはっきり示すものをののしる意を表す。「ばか垂れ」「しみっ垂れ」「はな垂れ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しずれ【垂れ】
動詞しずの連用形から
木の枝などから、積もった雪が落ちること。また、その雪。しずり。 難波江の葦のあさはの-こそ/為忠百首 木工頭

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たれ【垂れ】
[2]
たれること。 鼻-小僧
たれているもの。
剣道の防具で胴の下につけて太ももあたりを保護するもの。
垂れ駕籠のむしろ戸。
平緒につけてたらすもの。
能の仮髪の一。鬢びんから肩の前に垂らし、髪の乱れを表すもの。白・黒二色がある。
食べ物に味をつける濃い汁。醬油・味醂・酒・砂糖などを煮つめたものなど。
漢字の構成部分の名称。「府」の「广(まだれ)」、「原」の「厂(がんだれ)」、「癖」の「⽧(やまいだれ)」など、字の上部から左に垂れた形のもの。
接尾
ったれとも 体言に付いて、その性質や状態をはっきり表す人をののしっていうのに用いる。 しみっ- ばか-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

垂れ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

垂れの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.