Rakuten infoseek

辞書

坪田譲治【つぼたじょうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

坪田譲治
つぼたじょうじ
[生]1890.6.3. 岡山,石井
[没]1982.7.7. 東京
小説家,児童文学者。 1915年早稲田大学英文科卒業。小川未明の門に入り,『正太の馬』 (1920) を初めとする「正太もの」で好評を得た。『お化けの世界』 (35) ,『風の中の子供』 (36) ,『子供の四季』 (38) で児童文学者としての地位を確立。 55年日本芸術院賞受賞。芸術院会員

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つぼた‐じょうじ〔‐ジヤウヂ〕【坪田譲治】
[1890~1982]小説家・児童文学者。岡山の生まれ。「赤い鳥」などを通して日本の新しい創作童話世界を開拓した。作「お化けの世界」「風の中の子供」「子供の四季」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

坪田譲治 つぼた-じょうじ
1890-1982 大正-昭和時代の小説家,児童文学者。
明治23年3月3日生まれ。小川未明に師事。「赤い鳥」に「河童(かっぱ)の話」「善太と三平」などの童話を執筆。昭和38年童話雑誌「びわの実学校」を創刊。芸術院会員。昭和57年7月7日死去。92歳。岡山県出身。早大卒。作品に「お化けの世界」「子供の四季」「鶴の恩がへし」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

つぼたじょうじ【坪田譲治】
1890‐1982(明治23‐昭和57)
小説家。童話作家。岡山県の生れ。早稲田大学英文科卒業。早大図書館につとめたのち,家業の島田製織所に就職,かたわら1919年に亀尾英四郎相良守峯らと同人誌《地上の子》を創刊,《正太の馬》《正太の故郷》などを発表して小説修業にはげむ。26年に処女短編集《正太の馬》を刊行,文学と家業の二足のわらじがつづいたが,33年には経営権をめぐるいざこざから島田製織所をやめ,文学一筋の背水の陣をしいた。35年,山本有三の紹介で雑誌《改造》に《お化けの世界》が発表され,好評を博した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つぼたじょうじ【坪田譲治】
1890~1982) 児童文学者・小説家。岡山県生まれ。早大卒。「赤い鳥」などに童話を発表。独特な童心の世界を描く。作「正太の馬」「お化けの世界」「子供の四季」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

坪田譲治
つぼたじょうじ
(1890―1982)
小説家、児童文学者。明治23年3月3日、岡山県に生まれる。1908年(明治41)早稲田(わせだ)大学文科予科に入学。在学中小川未明(みめい)に師事するが、病気や入営などで退学・再入学を繰り返したのち、15年(大正4)早稲田大学英文科を卒業。その後帰郷して家業の製織所に勤め、家業と文筆との苦しい生活が続く。26年『正太の馬』を出版。同年『赤い鳥』に最初の童話『河童(かっぱ)の話』を発表。その後同誌発表の『善太と汽車』で鈴木三重吉(みえきち)の激賞を受け、『ろばと三平』『どろぼう』『魔法』『びわの実』など40編余りを『赤い鳥』に発表する。33年(昭和8)以後は文筆に専念、35年『改造』に発表した『お化けの世界』は好評を得、出世作となった。36年9月から『朝日新聞』に連載された『風の中の子供』は、子供の心情が社会とかかわるところで描かれた作品で、文壇的地位を確固たるものにした。38年には『子供の四季』を『都新聞』に連載、翌年新潮社文芸賞を受賞。54年(昭和29)『坪田譲治全集』全八巻が刊行され、この全集で翌年芸術院賞を受賞。63年には童話雑誌『びわの実学校』を創刊。64年芸術院会員となる。昭和57年7月7日、92歳で没す。[征矢 清]
『『坪田譲治全集』全八巻(1954・新潮社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つぼた‐じょうじ【坪田譲治】
童話作家、小説家。岡山県出身。早稲田大学卒。在学中小川未明に師事。雑誌「赤い鳥」に多数の童話を発表。著「風の中の子供」「子供の四季」など。芸術院会員。明治二三~昭和五七年(一八九〇‐一九八二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坪田譲治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

坪田譲治の関連情報

関連キーワード

社会民主党(ドイツ)ドイツ映画関西学院大学グッズゴッホビゴー明治維新改良主義実験映画造船業電話

他サービスで検索

「坪田譲治」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.