Rakuten infoseek

辞書

坊っちゃん【ボッチャン】

デジタル大辞泉

ぼっちゃん【坊っちゃん】[書名]
夏目漱石の小説。明治39年(1906)発表。東京から四国松山に赴任した中学教師「坊っちゃん」の、痛快な正義感あふれる行動を軽妙に描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

坊っちゃん
夏目漱石が、1906年に文芸雑誌「ホトトギス」に発表した小説。漱石が旧制松山中学校に勤務した経験をもとに、「親譲りの無鉄砲」な青年教師の姿を描いた。登場人物のモデルには諸説ある。「赤シャツ」は漱石自身とされたり、金沢市出身の考古学者、横地石太郎とされたり。主人公「おれ」自身、漱石ではなく、松山中で漱石と同時期に教員をしていた山口県出身の弘中又一だとの説もある。
(2010-11-05 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

坊っちゃん ぼっちゃん
夏目漱石(そうせき)の小説「坊つちやん」の主人公。
四国松山の中学に赴任した28歳の数学教師。行動的で正義心がつよい江戸っ子で,俗物教師赤シャツらを相手に痛快な活躍をする。明治39年「ホトトギス」に発表されたもので,以来,ひろく愛読されている。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

ぼっちゃん【坊っちゃん】
小説。夏目漱石作。1906年(明治39)「ホトトギス」に発表。松山の中学教師になった江戸っ子「坊っちゃん」の正義感を描く。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坊っちゃん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

坊っちゃんの関連情報

関連キーワード

児童雑誌ファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造ドゥーマ夏目漱石日本郵便制度史(年表)御免内閣総理大臣バン・デ・ベルデ

他サービスで検索

「坊っちゃん」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.