Rakuten infoseek

辞書

均等【キントウ】

デジタル大辞泉

きん‐とう【均等】
[名・形動]二つ以上の物事の間が互いに平等で差がないこと。また、そのさま。「均等に配分する」「機会均等

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きんとう【均等】
名 ・形動 [文] ナリ 
二つ以上のものの間に、差が全くなく等しい・こと(さま)。平等。 全員に-に割り当てる 機会-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐とう【均等】
〘名〙 (形動) 平均して等しいこと。平等で差がないこと。等しくならした状態であること。また、そのようなさま。同等。
※高野山文書‐応永一九年(1412)一二月一九日・三所十聴衆評定事書案「任先例殿原、中間、下部、百姓等、可仕均等夫役者也」
※大道無門(1926)〈里見弴〉白緑紅「あらゆる筋肉の均等(キントウ)に発達した中肉中丈(ちゅうぜい)で」 〔北史‐周宣帝元后〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

均等」の用語解説はコトバンクが提供しています。

均等の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.