Rakuten infoseek

辞書

坂/阪【サカ】

デジタル大辞泉

さか【坂/阪】
一方が高く他方が低く傾斜している道。また、その傾斜。さかみち。「―を上る」「下り―」
物事の区切りを、坂の頂上にたとえていう語。多く、年齢についていう。「六〇の―を越す」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【坂】[漢字項目]
[音]ハン(漢) [訓]さか
学習漢字]3年
〈ハン〉さか。「急坂登坂
〈さか(ざか)〉「坂道男坂女坂
[難読]坂東(ばんどう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さか【坂】
傾斜地,上り下りする道をさす語であるところから,古来さまざまな意味合いで用いられてきた。語源については,〈サカシキ(嶮)〉〈サカヒ(堺,境)〉〈サカフ(逆)〉に発するとか,また,〈サキ(割)〉の原語のサとカ(処)とから成るとかいわれているが定かではない。しかし,坂といわれる場所が地域区分上の境界をなしたり,交通路をなしたりしている事例が少なくないことは,語源に関する諸説の中ではとくに重要とみられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さ【坂】
〘名〙 「さか(坂)」の略。
古事記(712)中・歌謡「櫟井(いちひゐ)の 和邇(わに)(サ)の土(に)を 端土(はつに)は 膚(はだ)赤らけみ」
[補注]方角を意味する「さ」とする説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さか【坂】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂/阪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

坂/阪の関連情報

他サービスで検索

「坂/阪」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.