Rakuten infoseek

辞書

坂田金時【サカタノキントキ】

デジタル大辞泉

さかた‐の‐きんとき【坂田金時】
平安後期の武士。相模足柄山に生まれたと伝えられる。幼名金太郎源頼光四天王の一人。後世御伽草子などで伝説化され、五月人形となって残る。浄瑠璃歌舞伎では快(怪)童丸の名で登場する。生没年未詳。
[補説]「酒田」とも、また、「公時」とも書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さかたのきんとき【坂田金時】
古くは公時とも書く。源頼光の郎等で,四天王の一人。《今昔物語集》巻二十八第2話に頼光の郎等の平貞道(さだみち),平季武とともに賀茂の祭の帰るさの日に女車にしたてた牛車に乗って紫野に行ったが,初めて乗った牛車にすっかり酔いつぶれた話がみえる。これは烏滸(おこ)ばなしだが,《古今著聞集》巻九に頼光が四天王たちと鬼同丸を退治する話のなかにその名がみえ,《古事談》巻六には藤原道長と競馬(くらべうま)をする話がみえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

坂田金時
さかたのきんとき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂田金時」の用語解説はコトバンクが提供しています。

坂田金時の関連情報

他サービスで検索

「坂田金時」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.