Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

坂上是則【サカノウエノコレノリ】

デジタル大辞泉

さかのうえ‐の‐これのり〔さかのうへ‐〕【坂上是則】
平安前期の歌人三十六歌仙の一人。坂上田村麻呂の4代の望城(もちき)の父。家集に「是則集」がある。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

坂上是則 さかのうえの-これのり
?-930 平安時代中期の官吏,歌人。
坂上好蔭(よしかげ)の子。坂上望城(もちき)の父。大和権少掾(ごんのしょうじょう),大内記などをへて,延長2年加賀介。三十六歌仙のひとり。「古今和歌集」などの勅撰集に約40首おさめられている。蹴鞠(けまり)の名手でもあった。延長8年死去。家集に「是則集」。
【格言など】朝ぼらけ有明の月と見るまでに吉野の里に降れる白雪(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

さかのうえのこれのり【坂上是則】
平安前期の歌人。生没年不詳。三十六歌仙の一人。《西宮記(さいきゆうき)》によれば蹴鞠名人。坂上田村麻呂の子孫で《後撰集》撰者望城(もちき)の父。908年(延喜8)大和権少掾に任ぜられ,のち924年(延長2)従五位下加賀介に至る。《古今集》以下の勅撰集に35首,家集に《是則集》がある。908年以後の地方官勤務が作風に影響しているらしく,大和地方の自然を確実に観察してうたった〈佐保山のははその色はうすけれど秋は深くもなりにけるかな〉(《古今集》巻五)などの秀歌がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

坂上是則
さかのうえのこれのり

生没年不詳。平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。908年(延喜8)大和権少掾(やまとごんのしょうじょう)、以後、大和権掾、少監物(しょうけんもつ)、少内記、大内記を経て、924年(延長2)従(じゅ)五位下加賀介(かがのすけ)。907年の宇多(うだ)法皇大井川御幸のおりには9題9首を献じ、913年の「亭子院歌合(ていじいんのうたあわせ)」に出詠。『古今集』以下に39首の歌を残す。歌風は理知的ななかに、なお実際の自然を離れぬ余情がある。

 朝ぼらけ有明の月とみるまでに吉野の里にふれる白雪
[菊地靖彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さかのうえ‐の‐これのり【坂上是則】
平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。田村麻呂の子孫で、望城(もちき)の父。従五位下加賀介に至る。宇多院の大井川行幸に供奉。「亭子院歌合」などに出詠。蹴鞠の名手でもあった。歌は「古今和歌集」以下に見える。家集に「是則集」がある。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂上是則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

坂上是則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.