Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

地類【ジルイ】

デジタル大辞泉

じ‐るい〔ヂ‐〕【地類】
同族・親族の一種。古い分家や遠い親類などを含めた地縁のある家々。地親類(じしんるい)。合地(あいじ)。地分かれ。地名(じみょう)。
地上にある万物。ちるい。
「天衆(てんじゅ)―も影向(やうがう)をたれ」〈平家・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち‐るい【地類】
《「ぢるい」とも》
旧制度で、地租徴収のために区別した土地種別
地上に存在するすべての物。地上の万物。また、地上の神々。
「天衆(てんじゅ)―も影向(やうがう)をたれ」〈平家・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐るい ヂ‥【地類】
〘名〙
① 同族の一種。古い分家や遠い親類などを含めた、地縁のある家々。地親類。地分(じわかれ)。地名(じみょう)
※ノリソダ騒動記(1952‐53)〈杉浦明平〉「第一に川口一党の地類がたくさんいた」
② 地上の万物。地上に存在するあらゆる生物、無生物。また、地上の神々。
※将門記(940頃か)「地類呵嘖して、悪王の便(やす)からざる念を憎(そね)む」 〔易経‐坤卦〕
③ 同類の地。中世、一通の文書によって所有権の所在が示されていた土地の一部が売却・譲与された場合、残りの土地をこう言った。類地。
※東寺百合文書‐ヘ・文永一一年(1274)四月一五日・日置末正田地売券案「但於本券文者、依地類、不副渡候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち‐るい【地類】
〘名〙
② 旧制度で、地租を課せられた土地について、租税徴収の面から見た土地の種別。第一類地と第二類地とに分けられていた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.